先ずはどの曲も同じようにアドリブすることを目指そう

同じようにアドリブすることが大事

みなさんは、安定して、どの曲にも同じようなアドリブを弾くことが出来ますか?

私は、アドリブがほとんど弾けなかった時、どの曲も同じようにアドリブすることが出来ませんでした。

なぜなら、テーマの曲調にひっぱられて、アドリブが出来たり出来なかったり。

これは、よい意味では、その曲の雰囲気を感じ取れる、ということになると思います。

ですがジャズの場合、この要素が少しややこしくなります。

初心者の時、アドリブは、どんな曲の時でも、与えられたコード進行に合わせて弾けるかどうかを、目指す必要があります。

それはなぜか?

コードに対しての理解が出来ているかどうか、これが試されるからです。

ジャズピアノはコードをどう使うかがポイント

コードに対して理解しているか、コード進行が体に馴染んでいるか、コードを見ただけで、スケールやヴォイシングがすぐに弾けるかどうか。

これが出来るようになることを、初心者は先ず目指します。

すると、どの曲がきても、安定してアドリブが出来る!

これは、コードを本当に分かった証拠になるのです。

その次に、曲ごとにアドリブの雰囲気やストーリーに違いをもたらす演奏が出来るかどうかを、目指して下さい。

これが出来る時は、かなりの腕前だと私は思っています。

音楽は、本来なら出来事や感情に直結して、作られるものだと私は理解しています。

ですが、実際はコード、コード進行を使って、ある一定のフレームに当てはめて作曲、編曲、アドリブをしています。

特に、ジャズの場合、既にある枠の中で演奏するので、その曲に合わせることも大事です。

個性を出すことについて

どの曲がきても、同じようなアドリブをすることに、最初私は抵抗がありました。

あの曲とこの曲は違うから、違うようにアドリブすることを目指したいと思っていました。

しかし、まずはコードを使いこなすことを、ジャズピアノ初心者はやってほしいと思います。

曲によって振り回されると、その曲はいつも同じ雰囲気でしか演奏できない、ともなるからです。

この曲だから、こう弾かなきゃというのは、ジャズにはあまりありません。

また、ジャズの場合、「あの人が弾くから良い」という理由もあります。

なので、個性を出そうと意識をしなくても、どれも同じように弾いているだけでも個性は十分に出ていると考えてよいです。

ジャズで即興演奏を目指すのならば、コードのことをどれだけ理解出来ているのか、先ずはここに集中してみて下さいね!

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。