なぜあなたはいつまでたっても上達しないのか

根本的な問題を分かっていない

今回は、あなたがいつまでも、ジャズピアノが上達しない本当の理由をお伝えします。

先に答えを言ってしまうと、それは、根本的な問題を分かっていないから!

実にシンプルです。

本人は、何が本当の問題なのか気付いていないため、検討違いな努力をしている可能性があるのです。

これ、よく考えるとゾッとしませんか?

時間もお金もエネルギーも無駄に使っていることになります。

本当の問題に気付くにはどうするか

もし、今の状況を抜け出して、理想的な演奏に近づきたいと思うなら、答えは簡単です。

誰かに、あなたの演奏を聴いてもらい、適切なアドバイスをもらうことです!

これにより、自分は何が一番の問題なのかが、よ~く分かります。

また、自分では見えない本当の深い問題にも気付けるようになります。

人間は、面白いことに自分のことが一番よく分からないものです。

だから、誰かにあなたの演奏を聴いてもらう必要があります。

誰に自分の演奏を聴いてもらうと良いのか

では、誰に自分の演奏を聴いてもらうといいでしょうか?

実は、これが一番大事です!

ジャズピアノをどこまでもカッコよく弾くことを目指すなら、ジャズピアノのことをよく知っている専門家と、自分に相応しいアドバイスをしてくれる専門家に聴いてもらう必要があります。

なぜなら、今後どのようにしていけば良いか、ベストな方策をもらえるからです。

その人にとって、本当は、こっちの練習を先にやる必要があるのに、どうでもいい練習を先にやってしまう。

これでは、なかなかジャズピアノらしい形にはならないのです。

そして、自分に相応しいアドバイスをしてもらわないと、結果に繋がりません。

上級者のやり方を初心者に教えても、無理なことは想像つきますよね。

また、人は育った環境や、個々の性質や特徴が違うため、やり方、やる順番が微妙に違います。

ここまでのアドバイスが出来る人が、良い先生となります。

私は、音楽だけでなく、心理学や脳科学を学んだお蔭で、「人によってやり方が違う」ということの影響を実感しています。

今では、ジャズピアノを教える上で、生徒さんに合わせたアドバイスが出来ることを強みとして、レッスンをしています。

普通のミュージシャンなら、見えないような問題の本質も、カウンセリング能力を使ってお伝えしています。

自分の問題は、自分が一番分かりません!

ですから、時間短縮の為にも、独りで頑張らずに、誰かのチカラを借りて最短でジャズピアノをマスターするといいですね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。