最速でジャズピアノをマスターするならバランスが大事

3つの歯車を同時に回す

私が、ジャズピアノをマスターできるようになった理由の一つとして、一通りのことに取り組んだから、という実感があります。

具体的には、ソロから大所帯まで、歌、インスト、音楽理論です。

特に、ジャズピアノに関して、3つの分野をバランスよく取り組むと、効果的に進歩しました。

それは、個人スキル、セッション、音楽理論。

イメージとしては、3つの歯車を同時に回す感じです。

どれか一つでもやらないと、上達スピードが格段に下がります。

下がるどころか、全く進まない状態にもなります。

手順が大事

では、なぜ個人スキル、セッション、音楽理論をバランスよくやる必要があるのでしょうか?

それは、何かをマスターする時には、手順というのがレバレッジを効かせて、結果に繋がるからです。

特に、大人の場合は、理屈や根拠を知ることにより、納得して実態を理解します。

実技があって、その実技の根拠となる理論を取り入れることにより、どうしてこの練習が必要なのか、ということが分かります。

納得して分かることにより、面倒だなぁと思っていたコードワークの必要性が高まり、練習をしたくなります。

こうなって、初めて弾き続けることができ、結果、日々上達していきます。

ジャズピアノってやることが多くて面倒なだぁと思っていた私

実は、私も以前は、「理論は難しくてやりたくないんですけど~×××」なんて、先生にボヤいて、なかなか勉強しませんでした。(笑)

そんな私ですらも、今となっては、音楽理論と実技のバランスは大事であるとはっきり言えます。

そして、「理論が難しくてイヤ」と誰よりも思っていた私が、今では、理論を教える立場になりました!

人って変わるものですね・・・

また、個人スキルは家で試したら、外へ出て、セッションをして試すことが最終目的です。

一人で向き合う時間と、他の人とグループする時間のバランスも大事です。

ちなみに、現在の私は、自分が理論嫌いだったこともあり、分かりやすさを優先した独自メソッドでレッスンをしています。

ジャズピアノは、感覚だけでなく、ロジカルに理解することも大事です。

言語化が得意な私は、遠方者の方にもオンラインでレッスンをしていますので、気になるかたは、お声かけくださいね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。