弾けるようになるために絶対に必要な前提とは

前提の通りに結果が出る

物事は全て、前提の通りに進むと言われています。

例えば、今日は雨だよ、となれば雨が降る。

今日は、美術館に行く日、と決めれば美術館に行くことになる。

となると、ジャズピアノが弾けるようになる、という結果を望むのに、これらを応用するとどうなるでしょうか?

主体的に関わることが大事

ジャズピアノの練習は、なんと言ってもコツコツやることです。

そのコツコツ、についてもう少し深く説明すると、「主体的に関わる」ということになります。

独学であっても、先生に習っていても、実は上達するスピードは、あることが原因で決まってくるのです。

それが、先程話した、「私はジャズピアノが弾ける」という前提です。

とってもシンプルなことです!

この「私はジャズピアノが弾ける」が無いと、どんなに練習をしても、結果が出ないのです。

もし、「弾けるかなぁ」の前提だと、途中で上手くいかない場合、弾けない理由を脳が探してきて、ほら弾けないね、と証明しようとします。

つまり、弾けないと自分で思ってしまったら、弾けない結果しか起こらないのです。

脳はとってもシンプルな解釈をする

「弾ける」を前提とした場合、成長過程であっても、「私はジャズピアノが弾ける。だから練習する。」と脳は認識しています。

決して、「弾けないから練習する」と思ってはいけません!

普段はこんなことは意識していませんが、ちょっと考えると面白いですよね。

ちなみに私は、「時間がかかっても、私はジャズピアノが弾けるに決まっている」と思っていました。

時間がかかっても、というところが現実的で、無理のない前提となっています。

だから、何かスムーズに進まない感じがあっても、コツコツ気長に練習ができました。

今でも、終わりのない旅路に出たままです。

まだ思うように弾けない方へ。

自分はジャズピアノが弾けると思っていますか?

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。