練習が続かない人は2つの条件が揃っていない

練習のモチベーションが続きません・・・

ヤフー知恵袋の質問にもよく出てきますが、練習へのモチベーションが続きません・・・というお悩みの方は、多くいらっしゃるようですね。

これには、きちんとした理由があります。

それは、練習のモチベーション維持と、モノを買う時の心理状態が良く似ている、ということです。

モノを買うときを想像してください。

例えば、女子だったら、カワイイ靴を見て、買おうか迷っているシーンです。

しかも、元々買う予定がないのに、たまたま通りがかって、見かけた靴です。

値段は、セールで、1万円。

履いたらサイズもピッタリです。

さて、あなたは、どうしますか??

行動するのには2つの条件が必要

私の頭の中は、こんな脳内トークが繰り広げられています。

あ、カワイイ靴。
このデザイン、すっごい私の趣味だわ~!
ちょっと履いてみよう。
あ、ピッタリだ。
値段は、、、1万円!
安いじゃん。
そういえば、前から雨の日に強い靴がなかったから、欲しかったんだよね。
私の足って、小さいから、なかなかサイズピッタリのが無いんだよね。
よし、買おう!

こんな感じです。

では、なぜ、私は靴を買ったのでしょう?

それは、私にとって、その靴がカワイイくて感情がワクワクして、更に、雨の日用の靴が必要だったことを思い出したからです。

感情 + 必要性 で、この靴を買ったのです。

言語化して意識化すると発展していく

この靴の話は、練習のモチベーション維持にも共通しています。

いかに、自分にとってジャズピアノの練習が楽しくて仕方がなく、練習やジャズピアノそのものが必要であるのか。

この2つの理由がないと、練習も楽器そのものも、絶対に続きません!

どちらかが欠けてもダメです。

この理由を、明確にしている人は、実はほとんどいないです。

続いていても、明確に言葉で言えるレベルにいる人は、ほとんどいないです。

でも、この2つがしっかり言語化出来ていると、趣味で終わらず、誰かのための演奏活動や、社会貢献のレベルまで行き着くことができます!

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。