初心者は曲を完成させる練習をしてはいけない

初心者がやりがちな間違った曲練習

さて、今回のテーマは、初心者がやりがちな間違った曲練習についてお伝えします。

これは、クラシックやポピュラー、譜面ものばかりをやってきた方に、ありがちな間違った練習方法だからです。

私も、最初の頃は、曲練習をよくしていました。

もちろん、曲の練習をすることは、悪いとはいいません。

ですが、曲練習が目的になってはいけない!ということです。

 

初心者はアドリブが出来るデータが蓄積されていない

初心者の頃は、アドリブをするための、下地や、元データが、頭や体にインプットされていません。

この状態で、曲練習をやっても、意味の分からない外国語の本を、音読して、意味は分からないけど、読み切ったから満足したようなものと同じです。

曲を完成させることを目的にした練習では、いつまでたってもジャズピアノらしい演奏は出来ません。

ですから、自由にアドリブが出来る感覚が得られるまでは、自分には下地やデータが蓄積されていないと自覚して下さい。

具体的な練習はどうするか

曲を早く流暢に、カッコイイフレーズで演奏したい、アドリブしたい、という気持ちはよく分ります。

ですが、ここは思い切って、Ⅱm7 → Ⅴ7 → Ⅰ△7 という、ジャズの7~8割を占めるコード進行を使って、ヴォイシングやフレーズの練習に集中して下さい!

他の方も、この練習については言われていますよね。

私は、この練習だけで、1日 4~5時間位費やし、1時間くらい曲を気分転換に弾く程度で、半年から1年を過ごしました!

その時、実感したのが、曲練習を殆どやらなくても、いつのまにか、曲が弾けるようになっていた、というのが正直なところです。

結局、ジャズは、難しく見えることも、シンプルなことの組み合わせでしかないから、ということがお分かりかと思います。

弾けても弾けなくても楽しさを見出すことが大事

ちなみに、このようなコードワーク、みなさんは、楽しいですか?つまらないですか?

私は、メチャメチャ楽しかったです!!

それは、やればやるほど、ジャジーなサウンドになったのが快感になり、もはや練習が、快感目的となっていったからです。

ここで大事なことをお話しします。

今は、まともに弾けないからつまらない、と思っている方。

そんな方は、続けても一生つまらないままの可能性が高いです。

なぜなら、弾けない状態を続けながら、弾けるようになるので、弾けない時間も長く過ごすことになります。

弾けない時間 = つまらない という前提があると、つまらない時間を過ごすことになるため、挫折してしまうのです。

私は、弾けないところから弾けるようになる過程が、本当に楽しいです。

ピアノに限らず、ビジネスや人生に関しても同様で、自分の変化成長を観察したり、結果が出ない本当の問題を発掘したり、結果に繋がる新たなやり方を見出したりすることが、私はとても好きです。

だから、結果、ジャズピアノが弾けるようになったのだと今では感じています。

成長過程は、地味な練習かもしれませんが、弾けても弾けなくても楽しさは変わりません♪

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。