耳コピでなくても可能な練習方法

耳コピが必ずしも大事でない理由とは

今回は、耳コピって大事なの?その2をお伝えします。

前回は、私は殆ど耳コピをやらずに、ジャズピアノを習得したとお伝えしました。

そして、ネタが無いながらも、一生懸命何とか出す努力が必要ということも、お伝えしましたね。

では、ここからは、もう一つ耳コピが必ずしも大事ではない理由をお伝えします。

それは、楽器が弾けるようになるには、耳以外の感覚で習得できるから、です。

人間は、五感覚で入ってくる情報を、インプットして、理解しています。

五感覚とは、
視覚、聴覚、体感覚、味覚、嗅覚
です。

今回は、音楽なので、最初の三つに注目してお伝えしますね。

五感覚を上手く使う

人は、感覚機能で、優位なものと、そうでないものがあります。

人によって、得意不得意があるのです。

前回もチラっと書きましたが、私は、聴覚は実はあまり良くないです。

それは、もともと視覚情報が強いので、どうしても視覚から入ってくる情報で、物事を理解するのです。

そんな私が、ジャズピアノを習得した方法とは、視覚と体感覚がメインだということです。

もちろん、聴覚もあるとは思いますが、割合は低いと思います。

例えば、私の場合、視覚では、ピアノを弾いている人の指を見るといろいろなことが分ってしまいます。

ですから、ライブやセッションの時は、なるべくピアニストの手元が見える席に座るようにしています。

Youtubeでは、手元が映っている映像をなるべく探して、動画を見ながら音を聞くことに集中しています。

また、体感覚では生音を体全体で吸収する時間があると、これもまた、いろいろなことが把握できます。

自宅で音楽を聴くより、倍音などの影響で、音が立体的に、臨場感を持って伝わるので、耳で音を聴くというより、体で聞いている感じがします。

他にもいろいろエピソードはありますが、こんな体験をきっと、みなさんもいくつかしたことがあるのではないでしょうか?

ですから、何も、耳コピだけに頼って、フレーズや奏法スキルを習得するとは、限らないのです。

耳コピが苦手な方は、ホっとしていますでしょうか?!

これからは、感覚機能もフルに使って、演奏スキルアップに励んで下さいね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。