ジャズは○○過ぎてもいけない

ジャズっぽさとは?

今日のテーマは、私の趣向が多く含まれますので、一つの選択肢として理解されたらいいと思います。

先に、答えをお伝えすると、

ジャズは綺麗過ぎてもいけない、です。

これは、どういうことかと言うと、綺麗過ぎると、ジャズっぽさがなくなってしまうということです。

別の表現では、まとまり過ぎているという解釈です。

綺麗にまとまってしまうと、想定内で終わってしまい、ジャズ独特のスリルや緊張感が失われ、今まさに、音楽がリアルタイムで作られているという、進行感が減ってしまうのです。

前もって時間をかけたら、もっといいフレーズができるけど、時間がないから、今、間に合わせでそのフレーズつくったでしょ~!みたいなものが、即興的でジャズらしいです。

文化的背景がそのまま音楽になる

もっと本音を言うと、ジャズは不良の音楽だから!

だから、「ヤサグレ感」を演出するのに、綺麗にまとまると、文化的背景から離れてしまうのです。

きちんとした音楽の学校に行くだけのお金のない貧しい人が、ジャズを演奏するところを想像すると、小難しい音楽理論なんて考えて演奏はしないよね、ということを私は想像するのです。

また、私は習っていた先生にも、綺麗過ぎるとポピュラーピアノのようになってしまう、とも言われました。

ポピュラー、ジャズのどちらが良い悪いではなく、それぞれのジャンルの目的があると思うので、そこに合わせることで、よりジャズらしい演奏ができるのだと思っています。

自由にできるのがジャズ

いろいろ話してきましたが、ジャズといえば、自由の象徴です。

自由に演奏するだけでなく、自由を求めていた人の音楽と理解することも大事です。

ですから、本来は難しいことを発表する場よりも、自由に生きたいぜ~という主張を理解すると、自分の演奏も自由に出来るかと思います。

また、ジャズは思いつきで演奏した「面白さ」も要素としては大きいので、突発的なこともどんどん取り入れると、ジャズらしさが際立つでしょう。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。