ここぞというところで音を出す

譜面を見て曲の主旨を把握する

ジャズは自由な演奏ができる音楽と言われていますが、初心者の人からすると、どう自由にやったらいいのか?と疑問に思うかもしれません。

私は、ジャズを続ける程、自由というのは本当だなと感じます。

ですが、ジャズを始めたばかりの方には、自由になるためにある程度のコツを知る必要があります。

今回は、譜面を見て上級者はどんな音を出すと決めているのかをお伝えします。

私が、まだアドリブが殆ど出来ていなかった時に、あることに気付きました。

それは、KeyがFなのに、Bが♭していない音を含むコードが出てくることでした。

当時の私は、このことを先生に話すと、「そうなんだよ、いいことに気付いたね」と言われました。

特徴的な音を探し出すべし

譜面の要約とは、その曲の特徴的な音をいち早く拾うことです!

特徴的というのは、仲間外れ的な音のことを言います。

例えば、keyがE♭の曲を想像して下さい。

E♭の基本のスケールは、E♭、F、G、A♭、B♭、C、Dです。

この音を使って、アドリブすることには、何の驚きもないですよね。

では、E♭の曲の中に、G7というコードがあったらどうでしょう?

実は、これはE♭の曲中では、仲間外れ的コードになります。

それは、コードトーンに、Bの音が入っているからです。

E♭keyの原則は、B♭で、Bの音は入っていません。

なぜそのコードが使われているのかを理解する

それなのに、G7と書かれているのは、Bの音を使って欲しいという意図があるのです。

この意図を読む力のことを、譜面の要約力と個人的に言っています。

Bを使うことによって、G7の小節をアドリブしていることが伝わり、曲全体に締りが出てきます。

コード感のある演奏とも言えます。

また、周りの人にもいろんな意味で、この人分っている人!と伝わります・・・(笑)

もちろん、スケールの話を持ち出すと難しくなります。

でも、コードトーンだけを見て、特徴的な仲間外れ的コードかどうかの判別は、初心者でもつきますよね。

こうして、ここの小節では、この音を必ず使ってアドリブしよう、と自分で決めていくことが、実はとても大切なのです。

テストで言うところの、「点くれ問題」みたいなものですね。

ここぞというところで、出すべき音を出さないと、「痛いアドリブ」になってしまいます。

特に、初心者の人には、センスのあるアドリブをする上で大事なポイントとなります。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。