電車の中でも出来るトレーニング

まずはジャズ脳に切り替える

ジャズピアノが弾けるようになるには、頭の中をジャズ脳に切り替える必要があります。

初心者の方は、まだ切り替えが出来ていないために、アドリブや即興演奏が出来ない傾向にあります。

そこで今回は、ジャズ脳にするために、ピアノを弾かなくても、やっておいた方がよいトレーニングをご紹介します。

それは、コード譜を見ただけで、ダイアトニックコードとそうでないものを分けるトレーニングです。

このトレーニングは、ピアノが無くても、電車の中でも出来ますよ。

アドリブに対応するための準備が必要

なぜこのトレーニングが必要なのか?

それは、即興で最初に選択しなければいけないことが、ダイアトニックコードかそうでないかを見極めて、使うスケールを瞬時に選択する必要があるからです。

これが、最初は意外と苦戦します・・・

なぜなら、12key存在するからです。

これが、Cだけなら簡単なのですが、「ド」の位置が12個移動するからこそ、難しいのです。

ダイアトニックコードを本当の意味で分かることが、まずはアドリブの基本となります。

私も、最初の頃は譜面に目印を書いていました。

keyが変わる度に、見慣れたコードも度数が変わってしまうからです。

譜面を目視して脳が理解して音を出すまで、なかなかスムーズに進みませんでした。

譜面を使って練習問題形式にする

具体的に、どんな練習をすればよいかお伝えします。

例えば、keyがFの曲では、C7はⅤ7。

しかし、keyがA♭の曲では、C7はⅢ7。

この区別が瞬時に出来るかどうかを、まずは目指してください。

この区別が瞬時に出来るかできないかで、即興演奏が出来るできないに大きく影響してきます。

なので、いろいろなkeyの曲を見るといいですね。

お分かりかと思いますが、このようなトレーニングは、クラシックピアノには存在しません。

ジャズらしい練習方法です。

また、ピアノが無くてもやらなくてはいけないことがあるということです。

つまり、音を鳴らすまでは、脳が処理しているのです。

ですから、ジャズが弾けるための脳にシフトする必要があり、このようなトレーニングで準備するのです。

ちょっとしたことですが、これが出来るようになると、アドリブもなんなく出来るようになります。

ピアノが弾けなくても、即興演奏ができるようになるためにやることはたくさんありますよ。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。