レッスンを受け続けなくてもいいと見極めるタイミング

なんとなくレッスンを受け続ける人たち

私は、ジャズピアノのレッスンはのべ、6年くらい受けてきました。

グループレッスン、個人レッスンと形式はバラバラです。

いろいろな先生に習い、おおよそジャズピアノが把握できて、ひと通りのことには対応できるかなと思えるように変化していきました。

以前の私は、レッスンはずっと受けなくてはいけないと思い込んでいました。

ジャズ仲間の中には、10年以上同じ先生に習っている人もいます。

しかし、あることがきっかけで、私はずっと習い続ける必要はない、と思いました。

先生によって言うことが違う

そのきっかけとは、先生によって言っていることが、180度違うと気付いたことです!

普通なら、この時点で、どっちが真実なの?と考え、混乱して、もっと学ばなきゃ、と思う人が多いかと思います。

ですが、私は違いました。

真逆の意見があるということは、どっちでもいい!!

つまり、自分が正しいと思ったことが答えなんだ、と気付いたのです。

もちろん、このことに気付くまでには、ある程度の知識や経験があるから、判別のつくことです。

それだけ、私は成長したと思えた自分がいました。

完璧主義は要注意

一番オススメしないのは、目的がよく分からずずっと習い続けていることです。

今年は、これをマスターして、次にここをやる、といった、ある程度の計画性があれば良いです。

また、別の目的でレッスンに通うことが、自分にとってプラスになると自覚できていればよいです。

ですが、完璧主義の人は要注意です。

それは、完璧にならないことを確認するのが完璧主義です。

ということは、先生にいつも指摘されないと不安になるからレッスンを続ける、というサイクルにハマっているのです。

今の私は、必要な時には先生につく必要があるし、不要な時は、習う必要はないと考えています。

ある程度出来たら、「これが私」と認めることも大事です。

出来ていないことも出来ることもバランス良く認めることができると、ずっとレッスンに通い続けることはなくなります。

通うときは、何をするか明確にし、休む時は緩んで、自分の状態を100%受け入れ味わう。

このバランスが長く楽器を続けるコツだと私は思っています。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。