才能があると力が発揮されない意外な理由

自分はダメだとあきらめる瞬間

以前、見たテレビ番組でのこと。

アスリートとして活躍しているある選手が、天才と言われる兄をお手本にして、スキルアップをし、結果メダルを獲得している、というお話でした。

兄は、弟へ自分のスキルを伝授し、日々練習指導に励みます。

そして、皮肉にも兄弟対決をせざるを得ない日がやってきます。

ここで、なんと指導を受けてきた弟が、兄に勝ってしまう。

そして兄は、これをきっかけに、アスリートとしての夢を断念することに。

映画のようなストーリーですよね。

分かり過ぎが邪魔をする

私は、この話をテレビで見たときに、感じたことがありました。

それは、天才過ぎて、この先努力をしても良い結果が出ないことが分かってしまう。

これが、途中で夢を断念する理由だったのではないか?と思ったのです。

つまり、良い意味で分かっていない人は、努力すればきっと結果が出る、というポジティブな考えで続けていくことができ、結果が出る。

一方で、分かり過ぎて、自分がいかにダメか、ということに気付いて、あきらめてしまう、というわけです。

これ、音楽でも全く同じことが言えます!

ある程度、楽器を始めて成長すると、以前より自分の演奏が劣ってみえる時期がきます。

それだけ、自分の目利きが発達したため、自分が劣って見えるわけですね。

これは、成長の兆しと捉えることが出来るので、とてもいい経過です。

しかし、天才過ぎると、良し悪しに判断がつくため、少しでも自分より優れている人を見ると、もう自分はダメだと決めてしまうのです。

なんとも皮肉ですよね・・・

内面の状態に左右される結果

耳が良すぎて、自分の演奏に自信がないといって、悩んでいる人もいました。

これも、才能がありすぎる上での悩みなのです。

自分のことは、厳しく評価をしがちです。

特に、几帳面な日本人にはありがちです。

どうしても、自分への評価が厳しくなってしまう時、自分のことは一番分からないものだということを覚えておいてください。

それは、自分の可能性を信じているからこその裏返しでもあります。

内面の感情がネガティブな時、最も結果が出にくいです。

というより、結果を気にしすぎてやるべきことに集中出来ていません。

結果について、評価をする時、いつも事実だけを受け止めるようにしてください。

これしかできていない、だから私はダメなんだ、ではありません。

今は、この状態、だから、次はこれを目指す。

この程度で十分です。

自分の機嫌を損ねるような評価は、何の役にも立ちません。

常に、フラットな感情、良い感情を保つことに集中して下さいね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。