アドリブが出来ないと思い込んでいる方へ

鼻歌を歌ったことありますか?

みなさんは、一人で部屋にいるとき、お風呂、散歩、そういったリラックスしている時に、鼻歌を歌ったことありますか?

気分が良ければ、思わず鼻歌、なんてこともありますよね。

最近では、鼻歌をアレンジして、曲を作るアプリやソフトまで出てきました。

私はなんと、小学生の時に、一人で帰宅する際に、しょっちゅうう鼻歌、ではなく、完全即興歌謡曲を歌って帰っていました。

今、考えると、スゴイ変な小学生。。。

実は、この鼻歌こそが、「アドリブ」になるのです。

もちろん、知っている曲を鼻歌で歌っている、ということもありますが、なんとなく思いついたり、知っている曲を自分なりに少しでも変えて歌ったり。

これだけで、十分アドリブになっています。

ジャズのアドリブは後付の理論

ジャズのアドリブ、というと、かなり難しく考えがちですが、それは後付けの理論です。

目をつぶって、適当に楽器で音を鳴らしただけでも、アドリブになっています。

アドリブを難しく考えて、出来ないと思い込んでいるあなた!

これくらい、まずは、アドリブに対してハードルを下げてみて下さい。

音楽理論上、スケールを使ってアドリブをする、という表現になりますが、好きな音を選んで音を出す、という言葉に変えてみてください。

この、言葉を変える作業は、意外とパワフルです。

なぜなら、アドリブの定義が、難しく設定されていると、難しいものだと脳が判断してしまい、弾けなくなってしまうからです。

また、逆のことも言えます。

音を出さないことを選ぶことも、アドリブです。

アドリブとは自分軸で決めること

もう、こうなってくると、アドリブなんて何でもありか~、となってきますよね。

何が言いたいかというと、アドリブが出来ない人はいない、ということです。

出来ない、難しいと言っている人は、「何かの例と比べて、自分の理想通りに出来ない」と言っているだけです。

「理想通りに出来ない」のは、一流のプロですら、日常茶飯事です。

どのステージにいても、出来ない状態は当たり前のこと。

少しでも、理想に近づくにはどうしたらよいか?を日々研究しているのです。

アドリブが出来ない、とひとくくりに言ってしまうのではなく、ここまではできるけど、ここからは出来ない、と現状を正確に客観的に判断して下さい。

もし、理想通りに出来ていなければ、何をどうするのか、明確な言葉で決める必要があります。

出来ないと簡単に言ってしまうと、脳は全て出来ないと思い込んでしまいます。

そうではなく、出来ることと出来ないことを、見極めて自分が今、何をしたらよいのかを判断してくださいね。

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。