マンネリし始めたらやること

マンネリしたらコレをやって!

楽器の練習で一番大事なことは、続けることです。

続けないと、先に進めません。

ですが、物事には、マンネリ、飽きというのも付き物ですよね。

そんな、マンネリして練習がつまらない、退屈と思っている方は、是非聴いて欲しいです。

それは、大きな失敗をして下さい!

大きな失敗は、次にやったらよい課題を教えてくれるからです。

マンネリを感じている人は、課題が分からないか、今までやってきたことがマスターされた場合が多いです。

ですから、是非、外へ出て大きく失敗をしてみることをオススメします。

コンフォートゾーンと呼ばれる快適空間のワナ

実は、このアドバイスは、先輩ミュージシャンに言われたものでした。

失敗は、ライブ感ありありのお勉強です。

失敗という経験は、ちょっとした知識の100倍以上学べて、確実に吸収できます。

それなのに、マンネリから脱却できない人が大半です。

なぜでしょか?

それは、今いる場所が快適過ぎて、抜け出せないのです!

ここを抜け出したら、危険なことがいっぱいだ・・・と頭は先のことを感じています。

本当にそうでしょうか?

失敗から課題をみつけた私の場合

例えば私の場合をお話しします。

即興演奏ができず、理論も全く分らなかった私は、極度の緊張から、スタンダードで有名な「ALL THE THINGS YOU ARE」の定番イントロが弾けないことがありました。

緊張のあまり、書かれている譜面の読み方までもを忘れるという大失態!

イントロが苦手だった私は、元々譜面に書いてあるから、All The Things You Are を選択したのに・・・

これ以降、私が取り組んだ課題は、イントロ対策、現場で弾くことの大切さ、緊張のメカニズムについて、などを本気でやりました!

ここで質問です。

どうして、私が本気でやったか分かりますか?

それは、問題を自分事化したからです。

いつまでたっても、状況が変わらない人は、上辺だけで自分の問題を認識しているので、他人事で終わっています。

ですが、実体験での学びは自分事化しやすく、これは本気でやるべき課題なのだ、と気づくのです。

練習や状況がマンネリした方は、是非、失敗をして次の課題発見に繋げてみてくださいね!

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。