スキルが足りないと感じる不足感の本当の意味とは

いつまでたっても上手くなった気がしない・・・と感じていませんか?

今回は、以前からお伝えしたかったメンタルのお話です。
楽器をやっていると、一人は誰しもが感じる、練習をしてもしても足りない感じに陥ることってありますよね。
実はこの不足感、殆どの人が正体を捉えていません。
この正体については、こちらの動画でも丁寧にお話しました。
私が思った以上に、反響が大きかったのでご紹介します。

スキルが足りないと感じる不足感の本当の意味とは
16分35秒

 

この正体は、ズバリ、注目してもらうためのメッセージです!
ここからは、宇宙の法則とも言われるし、物理的にも言われている考え方のお話をします。
私たちが物を捉えるのにあたって、必ず成り立つ公式のようなものがあります。
それが、陰陽対極のバランスです。
必ず、物事には光と影の部分が間違いなく同じ分量でバランスをとって成り立っているよ、という公式のようなものです。

善があるから悪がある。
平和があるから戦争がある。
長所があるから短所がある。
明るいがあるから暗いがある。
正があるから誤がある。

ということは、
冒頭に話した不足感は、不足があるから満足がある、となるのです。

 

不足感が発するメッセージは注目

では、私たちはなぜ、練習しても練習しても足りない感覚がつきまとうのでしょうか?
それは、足りていない箇所に気付いてもらいたいからです!
実力がないのではなく、自分が関わっていることに注目してもらいたくて、不足感を味わわされているのです。
不足感を感じない、本当に「無い」というものは、自分でも「無い」ということに気付いていないことを言います。
だから、私も、何が本当に自分には「無い」のか分かりません。
でも、音楽の技術で「私って、リズム感が無いな・・・」と感じる「無い」は、本当に無いのではなく、リズムに関して注目してね、という意味なのです。
ここを勘違いすると、本当に自分は何も無い人、というレッテルを貼ってしまいます。
この勘違いのまま音楽をやっていくと、いずれメンタルや体に不調をきたす可能性があります。
それは、本当に無いのではなく、注目してね・・・と体が伝えているからです。

真面目な人程、この感覚に囚われて、疲労困憊になっていくので、十分注意したいところです。
動画の方が、より分かりやすく説明していますので、是非ご覧になって下さいね。

 

音楽の上達に必要な、メンタルや思考のお話はこちらにも書いています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。