アドリブが出来る頭の使い方レッスンを受講された方のご感想

全体像を知りたい方にはおすすめです

先日、3ヶ月間の特別企画レッスンを受講された方より、ご感想を頂きましたので、ご紹介します。
こちらの企画レッスンでは、主に、ⅡⅤⅠ進行を用いて、実践重視のヴォイシングとスケール習得と、全体像の把握を目的とした内容をお届けしました。

 

 

Tさん 女性 50代 ピアノ講師

 

1. 受講前はどんなお悩みがありましたか

12キーと聞いただけで、一人では太刀打ちできない感じがしていました。
ⅡⅤⅠも正直ちゃんと出来るのかとか。
キーCならイメージがつくけど、他のキーだとイメージさえつきませんでした。
例えば、キーCだけなら、DmならⅡに見えけど、他のキーでもGがⅤに見えるとか。
そんなこともあって、ⅡⅤⅠは、他のキーだと分からなくなっていました。
あとは、好奇心もあって、オルタードとかⅡⅤⅠの存在をもっと知りたかったです。

 

2. なぜ大貫のレッスンを受講したのですか

メルマガを読んで、大貫さんがHSP気質ということで、自分のことを分かってもらえるだろうと、興味を持ちました。
メルマガは、私にとっては分かりやすかったですし、抽象的だけど、具体的な例でも示してくれるので、自分の中では腑に落ちていて、端的に本質的なことをぽっとおっしゃる印象があるので、これは回り道せず、行けるなと思いました。

 

3. 受講してどんな変化がありましたか

なんで12キーが必要なのかが分かりました。
半音上が、ALTだよというのが説明をされて分かりました。
それなら、ALTを弾くには12キーが必要だよなと。
こんな半音ずらしただけで、違うハーモニに聴こえるんだという感じでびっくりでした。
レッスンでの、コールアンドレスポンスで、先導してくれるのが大切で、それで本当に人って引き上げられるんだと感じました。
今まで、一人でクラッシックをやってきたので。
コールアンドレスポンスは、自分が出来ないと思っていたことが、出来るようになって、12キーなんてムリと思ったけど、自分が出来るようになったことにびっくりしました。
カッコイイ響きの存在に、自分の奏でる喜びを感じることができ、聞こえ方が変わりました。
耳がひらいた感じです。

 

4. レッスンを迷っている方へ、メッセージをお願いします

動画(YouTube)をずっと見ていらっしゃる方がいると思うのですが、実際の大貫さんはすごくチャーミングで喋りやすいです。
端的に、アドバイスを下さって、自分が気付かなかった、ちょっとこうした方がいいということを言って下さるので、メルマガを真剣に見てくださる人ほど、勇気を持ってエイ!と入れると、全体像も見えてくるし、繋がってくると思います。
コスパも普通のレッスンよりも、躊躇される人もいるかもしれませんが、トータルで見たら、凄く効率的なイメージで濃密です。
具体的なことばかりやって全体像が見えなかったので、全体像を視点に、具体的におとしてくれるやり方で、導いてくれるのでありがたいです。
全体像を把握をしたい人、今の立ち位置を知りたい人は、効果的に学べます。

 

いかがでしたでしょか?
ⅡⅤⅠを使って、12キーまんべんなく響きを確認していくうちに、鍵盤への抵抗感がなくなります。
鍵盤への抵抗感があると、演奏でも緊張しやすいです。
12キー全てに、いろいろなキャラがありますので、是非、いろいろな音を味わって、音楽の喜びを知ってくださいね!

 

12キーが苦手だなと思う方は、こちらをご覧下さい。
https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。