【実践動画】夢のような便利な楽器で、気楽にアドリブ音楽を続けよう!

楽器のハードルをここまで下げる

今日のテーマは、楽器を長期的に続けながら、上達させるには、ハードルを下げて小さく始めよう!というお話です。

楽器って、一般的には敷居が高いものとして、扱われています。
例えば、楽器は高価なもの、楽器は騒音問題が気になる、楽器は才能が無いと出来ない・・・こんなイメージです。
気軽に出来ない感じしませんか?

それに対して、音楽の中でも、比較的ハードルの低いイメージは、歌です。
なぜならば、歌は自分が持っている声で奏でるからです。
カラオケも一人ですぐに歌えますし。
もう、既にある楽器 =声で、歌ったことが無い人って、殆どいないと思います。
駅のストリートミュージシャンでも、ヴォーカリストの前には、人集りだけど、楽器奏者の前は、ガラーンとしている光景を私はよく見ます。
ね、これだけ楽器は、高いハードルのようなものをみんな持っています。
そこで、私がお伝えしたいのは、楽器はなるべくハードルを下げて、完璧をいきなり目指さないようにすると、続けられて、結果上達します!

先ずは小さく始めよう!
コレ一つで、ピアニスト、ドラマー、作曲家、リード奏者になれちゃいます。
16分04秒

 

今あるもので何をやるのか?

動画をご覧になると分かりますが、文字通り、小さく始めるってことです。(笑)
楽器をおもちゃの延長で扱い、アドリブはゲームの延長です。
これくらいのところから始めて、ハマったら本格的にやるくらいで大丈夫です。
ただ、本格的にやっている人でも、やっぱり遊びの延長だからやっていられる、というのがホンネかなと個人的には思います。

ここ最近、コロナの影響で、オンライン上で事を済ますという傾向が強くなっています。
これは、音楽をやっている人からすると、とても有難い流れですよね。
選択肢が増えて、リアルもオンラインもどちらも活用出来ます。
以前とは違って、誰でもミュージシャンになれる時代です。
スキルを身につけるのは、年単位で時間がかかりますが、便利な機材アイテムを利用すると、あっという間に見栄えのいい演奏や音楽が生まれます。
プロからしたら、どう思うか分かりませんが、でも、最初はマネごとから入ることは、とっても大事だと私は考えています。

準備中というよりは、準備をしながら、今できることや、今持っていること、今の環境で何をするのか?で走り続けるイメージです。
そうすると、脳は、「私はいつも前進している」という認識になります。
これこそが、上達しやすい人の頭の動きなのです。

準備中の札がかかったままのあなた!
もう、準備は整っていますので、小さく小さく始めてみて下さいね。

 

最低限のスキルを知りたい方は、こちらの無料レッスンをご覧下さいね。
https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。