天才じゃない人が意識すること

時間がかかります

つい先日、レッスン無料相談でお話ししたことを取り上げようと思います。

それは、

自分が天才じゃないと
分かったら時間がかかる

を腹落ちさせること。

コレ、挫折する人って忘れちゃうんですよね。

天才って、感覚機能が圧倒的に鋭いんです。

誰にでも、天才の要素は何かしらあります。

・面倒見がいい
・若く見られる
・モテる
・勉強が出来る
・記憶力がいい
・手が器用
・車の運転が上手い
・絵が上手

等・・・。

習ってもいないのに、練習もしないのに、なぜか人よりも上手く出来る能力のことです。

ちなみに、私の天才の要素の一つは、シャンプーやリンスにそんなに気を使っていないのに、髪年齢が若く美容関連の人に驚かれること!

脱線しましたが、、、

だから、ピアノを弾くのに、もし自分が天才ではないと分かったら、それは、時間がかかることを意味するんですよ〜

私だったら、演奏技術に関しては、人の3倍やって0.7人前くらいに見積もっています。

こうしておくと、ちょっとやってもすぐに出来ないのは当然なので、いちいちガッカリしません!

ジャズピアノを本気でやろうと決めた時は、

一生できなくてもいいからやり続ける

とだけ決めました。

それは、今も変わっていません。

上手くなる結果って欲しくなりますが、結局は、やり続けることの一部を切り抜いたものに過ぎません。

ということは、、、

やり続ける

をコミットするだけ!

自分の出来栄えに一喜一憂する人は自分が天才であることを淡く期待している可能性がありますよ〜

 

自分を育てる技術も含めて、ジャズピアノが最短で弾けるステップをまとめています。
宜しければご覧下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。