黒本キーだけ弾ければいいと思っていませんか?

ピアノは浅く広く万遍なく

 

先日こんな動画を
アップしました。

 

ジャズピアノのマスターは
浅く広く満遍なく進めよう

5分56秒

 

私がよく例えて言うのが、

ピアノは国公立大学入試

リード楽器は私立大学入試

歌は一芸入試

ってことです。(笑)

 

つまりピアノは、

基本的なことだけを
浅く広く万遍なく
やるだけで

私とライブやりませんか??

ってお願いされちゃうんです!

 

以前、
ご一緒した
ベテランベーシストに

恵ちゃん、
前より上手くなってるね、

と言われたので、

でも私、基本的なことしか
やっていないんです。。。

と答えたところ、

基本的なことを
ちゃんとやる人って
本当に少ないんだよ!

と言われたことが
ありました。

 

これを聞いて、

なーんだ、
基本だけやっときゃいいのか!

って妙に納得したことも
ありましたよ。

 

そして、
ジャズピアノで
やりがちなことが、
黒本キーにしか
出てこないキーだけ
練習するというもの。

 

確かに、
セッションに参加するなら
黒本の曲が
弾ければ問題無いですね。

 

でも、、、

長期的に
活躍するピアニストで
いたい場合は、

どんな状況にも対応出来る
フレキシブルさ

が求められるのです!

 

つまり、

どんな曲でも
どんな編成でも
どんなキーでも
どんなジャンルでも

対応できるってことです。

 

もちろん、
クラシックだけよりは
ジャズもクラシックも
って方がいいです。

 

ということは、
日頃の練習メニューは
かな~り
たくさんある・・・
って想像つきますね。

 

でもここで
大事な事をお伝えすると、

深掘りしなくて
いいです!!

 

例えば、

CやFのキーであれば、
全ての音を使って
アドリブ出来るけど
BやG♭のキーは
全く弾けない、

というのはお勧めしません。

 

そうではなくて、
音は3音しか使えないけど、
全キーのアドリブが出来る、
という方が価値があります。

 

なぜなら、
この方がジャズピアノへの
苦手意識が圧倒的に減り、
結果、
上達し続ける上昇サイクルに
乗るからです!

 

ピアノは
やることが多いですが、
先ずは、
ワンパターンでもいいので
広く手をつけることを
心がけていきましょうね!

 

12キー必要性は
こちらにまとめていますので
ご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。