ジャズピアノの混乱の元は使うスケール整理が出来ていないから

ジャズに必要な最低限のスケールは2種類のみ

 

今日はソロ動画を撮りました。

On the Sunny Side of the Street

 

 

 

この曲は、
サビが一部Fに転調していますが、
ほぼ元のキーCで行けちゃいます。

 

 

なので、
両手で弾けない方も、
右手だけの白鍵のみで
アドリブ出来ますよ。

 

 

ジャズピアノで
最も混乱が起きるのは、
スケールの整理です。

 

 

 

ご存じでしたか?

 

 

あ、もちろん全体像の話を
把握していないからこそ
起こることです。

 

 

では、スケールの整理って
どういうことでしょう?

 

 

すっかり
忘れているそこのあなた!

まだ私のメルマガを
読んでいないあなた!

 

 

私の8日間無料メルマガ講座を
読んで復習して下さいね。

 

 

ジャズらしく弾くために
最低限必要なスケールは、
3つだけです。

 

 

 

ですが、
もっと簡単にすると、、、
2つだけです!

 

 

メジャースケールとオルタードスケールは覆面を被って登場する

 

2つとは、
メジャースケールと
オルタードスケールのみ。

 

 

はい、以上です。

 

 

要は、この2種類を
12キー、ピシャっと
弾ければいいんです!

 

 

シンプルでしょ?!

 

 

どうして2種類でいいのか・・・
ここが、
全体像の把握が出来るから
断言できることです。

 

 

もし、全体像の把握が出来ないと、

 

イオニアン
ドリアン
オルタード
ブルーノート
リディアン7
ナチュラルマイナー
HMP5↓、、、、

 

とかなんとかって、
何種類もあるじゃん・・・・
となります。

 

 

間違ってはいないのですが、
記憶力の良い方、
IQの高い方はそれでも
OKです。

 

 

しかし、私のように凡人では、
もう覚えることがたくさんで、
混乱状態になります。

 

 

だから、
全体像の把握をして
シンプルに捉える必要が
あります。

 

 

ジャズで使う最低限のスケール
メジャースケールと
オルタードスケールは、
いろいろな呼び方で登場します。

 

 

覆面を被って登場します。。。

 

 

だから、みなさん混乱するんです。

 

 

けど、
最終的に使うスケールは、
メジャースケールと
オルタードスケールのみ。

 

 

二者択一だから、
私でもピアノの集大成である
ソロピアノまで到達したのです!

 

 

こんなお話を、
近々、メルマガ読者さん限定で
集中講座を開催予定です。

 

 

ご興味あればこちらのメルマガを
参考になさって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。