ジャズピアノ歴ゼロの人でも弾ける曲をご存知ですか?

枯葉に飽きた方にオススメの曲

今日は初心者さんにおススメの曲、
Beatiful loveの曲解説を
ちょこっとしようと思います。

 

 

初心者さん向けの曲と言えば、
枯葉ですよね。

 

 

この曲は私のレッスンでも、
早い段階で弾くことを
お勧めしています。

 

 

なぜだか分かりますか?

 

 

ここは少し理論用語が
出てしまうのですが、
俗に言う、
平行調で出来ている曲だからです。

 

 

平行調って何??という方のために、
簡単に説明します。

 

 

枯葉のキーはGmですね。

 

 

Gmというのは、
B♭と同様のスケールを使う、
と考えます。

 

 

で、曲の構成を見ると、
Gm主体でできている箇所と、
B♭主体でできている箇所があります。

 

 

結局は同じスケールを使ってOK
という結論になるので、
分かりやすく
B♭のメジャースケールだけで
弾けるということです。

 

 

もし、
ここまでの説明でよく分からん・・・
という方は、
最低限の知識が不足しているので、
どこかのタイミングで
学んでくださいね。

 

 

で、枯葉はもう散々やったから、
違う曲もやりたい!
という方にお勧めなのが、
Beatiful love です。

 

 

私の演奏動画がありますので、
参考までに載せておきます。

 

Beatiful love

 

 

 

今の自分に合うやり方が分かるかが大事

 

こちらの曲も枯葉同様で、
平行調で出来ている曲です。

 

 

キーはDmですが、
Fのメジャースケールで
弾けちゃいます!

 

 

黒本では、
7thコードが随所に出てきて、
多少アレンジがありますが、
Fメジャースケール一発と
考えてOKです。

 

 

もちろん、
Fメジャー 一発というのは、
初心者さん向けの弾き方ですよ。

 

 

いろいろなことをご存知の方は、
アレンジに則って
アプローチしてOKです。

 

 

そして大事なことは

 

この曲はメジャースケール一発で弾ける!

 

と自分の知識で
見抜けるかどうかです。

 

 

最低限の知識が無いと、
この曲は初心者の自分でも弾ける、
というのが分かりません。

 

 

この曲は弾けると
人から言われたから弾いています・・・

という状態は、
本当にジャズピアノを
理解していることになりません。

 

 

自由を求めてジャズピアノを
習う方は多いのですが、
高度な技術で自由に何でも弾けることだけが
自由なのではなく、

この曲は私でも弾ける!

このアプローチなら私でも弾ける!

という、今の自分に合った選択が
自分で出来ることが
自由なジャズピアノなのです。

 

 

そうすれば、
ジャズピアノ歴ナシのあなたも、
今すぐセッションで弾ける曲は
沢山あります。

 

 

どうか勘違いなさらないように、
今の自分にピッタリな
演奏方法を知って下さいね!

 

 

どの曲が今の自分にピッタリか、
自分で選択できるようになりたい方は、
こちらを参考になさってくださいね。
https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。