ジャズピアノ初心者がなんとなく気になるディミニッシュについて

ディミニッシュは後回しで大丈夫!

 

今日は意外と質問される、
ディミニッシュの扱い方について
お伝えします。

 

 

ディミニッシュはどうやって
弾けばいいのでしょうか?
と案外よく聞かれます。

 

 

なんとなくスルーしてきたんだけど・・・
という感じでしょうか。

 

 

みなさん、
さほど困ってはいないようです。

 

 

結論から言うと、
ディミニッシュなんて後回しでよい!
ということです。(笑)

 

 

そうです!
なんとなくスルーした、という感覚は
大正解ですよ。

 

 

なので、
レッスンではコードトーンだけで大丈夫と
教えています。

 

その根拠を今からお話しますね。

 

ディミニッシュへの理解は全体像まで繋がる

 

実はこの話、
全体像の話が分かっているかどうかが
試されるものなのです。

 

 

ディミニッシュ (dim)は、
使うスケールは、みなさんご存知ですか?

 

 

はい、ディミニッシュスケールですね。

 

 

じゃあ、ディミニッシュスケールって
一体どんなスケールだか分かりますか?

 

 

これ、
コンビネーションディミニッシュと言われる、
通称コンディミと全く同じ
並びのスケールなのですね。

 

 

で、コンディミは、一般的には
7thコードで使われます。

 

 

ということは、
7thコードでコンディミがドヤ顔で使えれば、
ディミニッシュスケールも
同じように使えるということです。

 

 

ここまで大丈夫ですか?

 

 

それじゃあ、
コンディミって何??ってことです。

 

 

コンディミって、
オルタードと、リディアン7が合体したものだよ・・・
ということです。

 

 

ご存知でしたか?!

 

 

ということは、
オルタードとリディアン7が
きちんと使い分けてドヤ顔で弾ければ、
コンディミも弾けるということなのですね。

 

 

ということは、、、
結局は7thコードで、
オルタードとリディアン7が、
中途半端になっていると、
ディミニッシュスケールを使うなんて
ムリだということです。

 

 

そして、
オルタードとリディアン7は
もともとダイアトニックスケールである、
キーCで言う、ドレミファソラシドが存在して
初めて価値が出るスケールだということです。

 

 

ということは、、、
ドレミファソラシドが
本当に分かっているか?が
一番大事だよという結論なのです。

 

 

今、ミクロからマクロの世界に
導いたのを感じて頂けましたか??

 

 

ディミニッシュが、いかに細かい話で、
ここを理解して弾くには
大きなことが見えないとダメだという
この全体像を感じて頂けましたでしょうか?

 

 

そして、
ディミニッシュスケールって
どう扱えばいいの?という質問が出る時点で、
その人は何歩か手前を本当に
理解していない可能性が高いということです。

 

 

だから、全体像を理解して
しかるべきステップを踏んでいないと
おかしなことになるよ・・・
と私はお伝えしたいのですね。

 

 

今日のブログを見て、混乱してしまった方は、
ディミニッシュを見たら、
コードトーンを弾くか、笑うかで
その場をやり過ごしてOKですので、
安心して下さいね~

 

 

ディミニッシュ、やっぱりよく分からないという方は、
こちらをご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。