ジャズピアノ即興が出来るための手順を教えてもらっていますか?

二段譜に書く作業は即興に繋がらない

 

私が初めてジャズピアノを
習ったのが、今から11年前です。

 

 

当時のレッスンは、
先生の書き譜を見て弾くというものでした。

 

 

当然、リードシートだけで
パッと見てボイシングや
スケールを決めることが出来ず、
いつも自分で二段譜に書き直して、
セッションに参加していました。

 

 

私だけに限らず、
いろいろな方にお話を聞くと、
書き譜を見て弾いたり、
自分でアドリブを考えて
譜面に書き起こしたり、
そんなレッスンを受けているようです。

 

 

この作業自体が、
悪いわけではないのですが、
その場で、知らない人と
知らない曲を即興で演奏するとなると、
書き譜に頼るやり方では、
演奏ができません。

 

 

 

なぜなら、
コードとメロディだけを見て、
譜面に書いたような演奏をするには、
予め両手で弾くための、
情報を頭にストックしておく必要が
あるからです。

 

 

 

情報が頭の中に無い状態で、
コードとメロディを見て、
さあ、両手で弾こう!
なんて言われても、
せいぜい、
メロディを両手でユニゾンで
弾くくらいですよね。

 

 

ということは、
メロディ以外のコードへの理解が
即興演奏に繋げる
大事な情報源となるのです!

 

コードの理解と反応スピードが即興演奏のコツ

 

更に、即興に対応するには、
予め頭の中にある情報を
いかに早く取り出せるか、
スピードが求められます。

 

 

結局、即興演奏に対応するには、

 

1 コードの解釈

2 瞬間的に反応できるスピード力

 

 

この2つなのですね。

 

 

この2つを使って、
最短で結果が出せるステップで練習すると、
ジャズピアノなんて誰でも
弾けちゃうわけです。

 

 

逆に言うと、
この2つのうち、
どちらかが欠けても、
ジャズピアノは弾けませんよ。

 

ジャズピアノを最短でマスターするための
手順はこちらにまとめています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。