ジャズピアノ練習で今の自分は何をするべきかを見極めよう

自分が今やるべきことを知っていますか?

 

私がジャズピアノを教えるにあたって、
気を付けていることがあります。

 

 

 

それは、今この人は何を一番やらなくては
いけないか?

これを見極めることです。

 

 

なぜなら、
進歩している感じがしないという状態は、
何かが極端に偏っているか、
順番を間違えている可能性が
高いからです。

 

 

 

これを的確に見極めたら、
出来ていることはやらずに、
不足分を補ったり、
やる順番を入れ替えます。

 

 

例えば、
お勉強好きな人。

 

 

 

こういう人は、
現実を見ることが苦手なので、
臨場感ある実技やセッションで
体験することを求めます。

 

 

とにかく、
セッション現場に足を運びなさい!
ってな感じです。

 

 

一方で、
じっくり考えるのが苦手で、
とりあえず行動する人。

 

 

こういう方には、
なぜ弾けるのか?
なぜ弾けないのか?を
立ち止まって論理的に検証する
時間を与えます。

 

 

これらは、
人それぞれ今に至る背景が違うので、
微妙にやり方やステップが
変わってきます。

 

俯瞰して自分に必要なことを集中的に取り組む

 

ここを見誤ると、
半年で出来ることが3年かかったりと、
大きく結果が変わってきます。

 

 

人が本気で出来ることは、
せいぜい2つまでと言われています。

 

 

だから、
今は何に集中したらよいかを見極めたら、
そこに本気で取り組むと、
出来なかったことが出来るようになります。

 

是非、実践されてみて下さいね。

 

今の自分は何をするべきか、これを知るには、
ジャズピアノの全体像把握が大事です。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。