ジャズピアノアドリブ向上のためにコードを攻略しよう!

コード攻略がフレーズ向上に繋がる

 

アドリブが上手くなりたいと
思ったあなたは、
どんな練習をしていますか?

 

 

恐らく大半の人が、
スケールを使って弾いていると
思います。

 

 

または、
フレーズ集を見て研究をしたり、
自分でそのフレーズを試しに弾く、
こんな練習をされているかと思います。

 

 

 

ですが、これだけでは、
ジャズピアノの練習としては、
とてもとても、もったいないです。。。

 

 

ジャズピアノをやっているのであれば、
コードが豊富に出せるスキルを
身に付けることをお勧めします!

 

 

 

なぜなら、
コードが豊富に出せると、
スケールでのアリブフレーズが
飛躍的に良くなるからです!

 

 

コードとフレーズは別物ではない

 

私は以前に何度か、
コードとスケールは同じものですよ、
とお伝えしています。

 

 

この理由が、
今回のお話にも繋がっています。

 

 

一般的には、
スケールが使えても
コードが使えない人はかなりいます。

 

 

そして、
コードが使えている人は、
アドリブの内容も良い、
ということが多いです。

 

 

逆に、コードが使えるのに、
アドリブが出来ないという人を
あまり見たことがありません。

 

 

私がアドリブが飛躍的に良くなった要因に、
コードヴォイシングを
攻略したことにあります。

 

 

 

実際、私の生徒さんも、
きちんとしたヴォイシングをお伝えすると、
アドリブも素人臭さの抜けた
ジャジーなフレーズになっています。

 

 

ですから、
今よりももっとカッコイイフレーズを
弾きたいと思ったら、
コードの研究に時間を使うことを
お勧めしますよ。

 

 

コードとスケールの関係性を更に
理解したい方は、
詳細をこちらにまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。