ジャズピアノ初心者必見 覚えるべきことと覚えなくていいこと

ヴォイシングは覚えるがフレーズは覚えなくていい

お試しレッスン、
継続レッスンをやりながら
最近、つくづく思うことがあります。

 

 

それは、
覚えるべきことを覚えなかったり、
覚えなくていいことを覚えようとしたり、
チグハグなことをされる方が
いらっしゃるということです。

 

 

覚えるべきことを覚えないのは、
分かっちゃいるけど、
覚えるの面倒だなあ・・・というのが
ホンネでしょう。

 

 

一方で、
覚えなくていいことを
覚えようとするのは、
早く人並みに形を作らなきゃ・・・
というのが根底にあるからなのだと思います。

 

 

では、
覚えるべきこととと、
覚えなくていいことって
何でしょうか?

 

 

それは、
覚えるべきことは
ヴォイシングです。

 

覚えなくていいことは
フレーズです。

 

ですが、
アドリブが弾けないです、、、
と言われる人ほど、
ヴォイシングを覚えないで、
フレーズを覚えようとします。

 

 

真逆なんですね!

 

ジャズの本質とピアノの構造を理解する

 

なぜ、
ヴォイシングは覚えるべきことで、
フレーズは覚えなくていいことなのかというと、
ジャズの本質とジャズピアノの構造が
理解出来ると、こうなってしまうのです。

 

 

つい、ヴォイシングを面倒で
覚えなかったけど、
覚えないと損!!っとなって、
勝手にヴォイシング研究に
走れるようになります。

 

 

何度も言いますが、
ジャズの本質とピアノの構造を
しっかり理解して、
アドリブ演奏につながる
ステップを踏んでいきましょうね。

 

ついやらなかったヴォイシングの必要性を
感じて練習できるようになるポイントは、
こちらにまとめています。
宜しければご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。