ジャズピアノのコードとスケールは同じものですよ

指の数だけ音が鳴らせるピアノを活かそう

 

私がレッスンで
毎回伝えたいと
思っていることがあります。

 

 

 

それは、
ピアノの良さを最大限に活かして、
ジャズを表現することです。

 

 

 

では、
ピアノの良さって何でしょう?

 

 

 

それは、音域が広く、
両手が使える楽器であることです。

 

 

 

なーんだ!当たり前だよ。
本当にそう思っていたら、
私のブログは読んでいません(笑)

 

 

 

なぜなら、
このことが分かっていれば、
とっくに、どんな練習をすれば
よいかが分かっているので、
弾けています・・・

 

 

 

音域が広く両手を使って
音を鳴らせるのは、
ピアノだけですね。

 

 

 

弦楽器や管楽器も
両手を使っていますが、
指の数より少ない音しか
鳴っていませんよね。

 

ピアノの良さに気付くと構造の把握も出来る

 

もし、
ピアノの良さが分かると、
スケールとコードは同じものだ!
という、
根本的な構造の把握にも
気付けます。

 

 

もし、
スケールとコードが別物だと
思っていたら、
どこかで練習に行き詰まる
可能性が高いです。

 

 

シンプルなことなのですが
意外と盲点で、
かなり深いポイントです。

 

 

今日のブログを読んで
混乱したらゴメンなさい・・・

 

 

でも、
その混乱が次のステップに
繋がりますので、
是非、考えてみてください!

 

 

 

考えたけど、
コードとスケールが同じという意味が
分からない・・・という方は、
こちらにまとめていますので、
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。