ジャズピアノ初心者は最初に覚えるべきことを知っておこう

最初に覚えるべきこととは

みなさんは、忙しい毎日の中で、どれくらいの練習時間を作ることが出来ていますか?

仕事、育児、家事、学業など、限られた時間の中で、ジャズピアノが弾けるようになるには、やるべきことと、やらなくていいことをしっかり見極める必要があります。

特に、初心者の段階では、絶対に覚えるべきことがあるのですが、みなさんはご存知ですか?

 

それは、左手のクローズドヴォイシングです!

 

ここを覚えずして、曲練習をいきなりやるのは順番がちょっと違う・・・と私は思っています。

 

根本的な構造を把握して覚える

実は、左手のクローズドヴォイシングは、規則性があるのですが、残念ながらそれを知らない方もいらっしゃいます。

規則性があるということは、根本的な構造があってのこと。

ジャズピアノの全体像が把握出来た上で、規則性のあるクローズドヴォイシングを覚えなくてはいけません。

また、全体像が把握できれば、なぜ、左手のクローズドヴォイシングをまずは覚えるのか、という順番も納得できます。

 

曲を弾くにあたって、左手のヴォイシングは出来て当たり前の前提で、曲が進行します。

そうでないと、右手のアドリブまで意識を向けることが出来ません。

ヴォイシングを考えているようでは、遅いのです。

 

このように、セッションデビューをするまでに、初心者がジャズピアノをマスターする手順は非常に大事です。

 

ビジネス界では、先ずは全体像を把握して、どのような手順を辿れば、最速で結果が出るかを教えてくれます。

ですが、なぜか、ジャズ業界ではこれを教えてくれる講師が殆どいません。

音楽の学校に行けば、体系化されて教えてくれますが、個人の先生はまず教えてくれません。

私の頭の中では、不思議の文字だらけです・・・

 

正直、ジャズピアノは、初心者が覚えるべきことはある程度あります。

ですが、なぜ覚える必要があるのか、どれを最初に覚えるのか、この理由と手順は、最速でセッションデビューをするには、とっても大事なことなのです!

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。