アドリブが出来ないジャズピアノ初心者は〇〇〇をやってはいけない

アドリブが出来ない人が一番やってはいけないこと

アドリブが出来なかった私も、過去いろいろなレッスンに通っていました。

手書きの譜面を渡されて、テーマもアドリブも、譜面通りに弾くレッスン。

いろいろな楽器の人とセッション形式で受けるレッスン。

アレンジを知りたくて、音楽理論だけのレッスン。

当時の私は、どうしたらアドリブが出来るのか、本当に悩んで謎でした。

今となっては、はっきりと言えます。

アドリブが出来ないと自覚している方が、一番やってはいけないこと。

それは、いきなり曲を使って練習することです!

 

なぜ曲練習をしてはいけないのか

曲の練習は、車に乗ったことがない人が、いきなり路上運転するようなものです。。。

交通ルールも分からず、車の扱い方も分からず、何をどうしたらよいのか分からないまま、運転する。

とっても危険です。

まだ、音楽なら命まで奪われませんが、アドリブが出来ない人が、いきなり先生に、

まずはこの曲をやってみましょう!

と言われたら・・・

深い意識では、命の危機を感じる程、怖いハズです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

それは、一番最初にジャズピアノの「あらすじ」をざっくり把握することです!

先ずはジャズピアノの全貌を理解すること

ジャズピアノって、つまりどんな演奏をすることなのか。

ジャズピアノって、どんな全貌なのか。

ジャズピアノが弾ける状態って、どういう状態のことを言うのか。

これを、理解できないと、曲だろうが簡単なアドリブだろうが、弾けるようになりません。

それなのに、なぜか、この全貌について伝える講師が圧倒的にいません。

ここが分かれば、どんな人もどんな曲でもアドリブが出来て、お店でセッションが出来るようになります。

ヴォイシングもまともに弾けなかった生徒さんで、ここをお伝えしただけで、オンラインレッスンにもかかわらず、曲が弾けるようになり、お店でセッションデビューまでされています。

ジャズピアノなんて、そんなものです!

ちょっとズレた捉え方を、修正するだけで、誰でも弾けるものなんですよ。^^

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。