これが理解できないとジャズピアノが弾けない

一番大事なことを教えてくれない

私がジャズピアノを習っていた時に、結局一番大事なことを教えてもらえなかったと痛感することがあります。

それは、「全体像の把握」です。

私が、全体像の把握が出来ないと、ジャズピアノが弾けないと気付いたのは、今から4年程前です。

初めて、まともに個人レッスンを受けた時に、先生の説明を聞いて、パッとひらめきました!

それまでに、5年以上どうしてジャズピアノが弾けないのか、四苦八苦していたので、その前段階もあってのことだとは思います。

イメージが出来ないと練習ができない

みなさん、学生時代の頃を思い出して下さい。

まずは、学校に入る前に、その学校の雰囲気はどうなのか、一定の期間で何を学んで、自分はどうなっているのか、この全体のイメージを膨らませると思います。

それに対して、今年は、何を学んで何を得るのかが分かります。

次の学年では、更に何を学んで何を得るのかが分かります。

同じことが、ジャズピアノでも出来ないと、実はジャズピアノが弾けるようにはならないのです。

それなのになぜか、イメージ出来る全体像を教えてくれる先生が、ジャズピアノ業界にはほとんどいません・・・

全体像を伝えるというのは、ビジネス界では当たり前のことなのに!

弾けない原因を探るためには俯瞰力が必要

単なる全体像の把握が、私のレッスンの差別化になるとは、思ってもいませんでした。

きっと、今でも全体像を伝えないままのレッスンをしている講師は多いでしょう。

もしあなたが、どんな本を読んでも分からない、どんな先生のレッスンを受けても弾けない、というのであれば、全体像の把握が抜けているかもしれません。

全体像が分からないというのは、致命的なつまづきになりますので、一度考え直す必要がありますね。

私のお試し単発レッスンでは、全体像のお話を必ずしています。

ちなみに、自分の人生についても考え方は同じです。

「結局、私は何をする人なのか?」を把握するのが全体像です。

それを知るには、過去の体験したことを整理すると分かってきます。

ピアノもプライベートも、全体を見渡す俯瞰力が大事ですよ。

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。