音楽を仕事にするには自分で価値を見出すこと

自分の音楽に価値を見出せなければ値段は付かない

私は毎年元旦に、「芸能人格付チェック」という番組を見るのが恒例です。

有名一流芸能人が、高級食材を目隠しで食べて、スーパーのお肉か、神戸牛かを当てたり、目で見るだけで、1億円する盆栽と、お菓子で作った盆栽のどちらかを当てたりします。

中でも、私が注目するのは、やはり、音楽の聴き比べですね!

どちらが、プロのバンドが演奏しているのか、また、どちらが総額数百億円の楽器で演奏しているかを、耳だけで聴き分けるというものです。

ジャズのビックバンドが出ていたことありました。

ここで、いつも思うことがあります。

それは、その人にとって良いものは、美味しい、美しい、素晴らしいと感じるものである、ということです。

一流芸能人ですら、食材や芸術品など、高価値段のついたものを見極められません。

この番組を見るたびに、モノの価値はあるようでないようなものだと納得させられます。

 

良いか悪いかは、分かる人にしか分からない

この話は、音楽活動をしているミュージシャンや、一般的なビジネスも同じことが言えます。

それは、自分の音楽やビジネスが良いか悪いかは本人と、聴いてくれる人によって、どうにでも評価されるということです。

何かサービスや物販でも、それを必要としている人にとっては、価値があり、間に合っている人にとっては、価値がないのです。

ならば、自分の演奏は、どれくらいの価値があるのでしょう?

答えは、先ほど言ったことと同じです。

価値があると言えばあるし、無いと言えばないのです。

これ、本当にシンプルだと思いませんか?

自分の音楽に価値をつけるのは自分

価値は、誰かと比べたり、過去の自分と比べたり、相対的に見出されるところもあります。

しかし、絶対的なところもあるということも、これでお分かりになったと思います。

つまり、自分の音楽や、自分がやっていることに、自分で価値や価格を見出せなかったら、価値のないままで終わってしまう可能性があるのです。

本当にもったいないし、恐ろしいことでもありますよね。

そんな思いから、私は、その人の才能や価値、使命に気付くカウンセリングの時間も同時に設けています。

音楽活動に直接結びつくこともできますし、プライベートに活かすことも出来ます。

なぜ、ピアノのレッスンとカウンセリングをやるのか、という疑問もあるかと思います。

結論をお伝えすると、ジャズピアノをやる目的に、その人の不完了な思いや、使命・才能・課題が投影されているからです。

大事なことは、自分の価値に気付いて、意図的に使うことです。

ここから、現実レベルで実績を出し、もっと深い自分の存在価値を感じられるようになると安定した日々が送れますね。

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。