クラシックが弾けないからジャズピアノも弾けないと思い込む人たち

クラシックの実力はジャズには関係ありません

 

先日ある方のお試しレッスンで
このようなことを
言われていました。

 

 

それは、
私はクラシックピアノが中途半端だから
基礎が成っていないので
ジャズピアノは弾けないのではと
思っています・・・

 

 

 

だから、
ハノンなどを
もっとやろうと思うのですが・・・

 

 

 

実は、
このようなご相談は
今回だけではありません。

 

 

ジャズピアノを本当は
やりたいのだけど、
基礎となるクラシックが
不十分だと思ったから
クラシック系の音大に進学しました。

 

こういう方もいらっしゃいました。

 

 

もし、同じように考えている方に
私はお伝えします。

 

 

クラシックピアノの実力と
ジャズピアノは
全く関係がない。

 

 

なぜか、
クラシックが出来ないと
ジャズも出来ないという
考えの方が多いようですが、
これは勘違いです。

 

 

もちろん、
二刀流の方もいらっしゃいますし、
両方出来た方が良いに
越したことはありません。

 

クラシックとジャズでは頭の使い方が違う

 

では、
なぜクラシックピアノの実力と
ジャズピアノは関係がないのか・・・

 

 

 

それは、
頭の使い方が
全く違うからです!

 

 

ここに気付けないと、
クラシックピアノが弾ける人は、
そのままジャズピアノに同じやり方を
持ち込みます。

 

 

ですが、
殆どの人がうまくいきません。

 

 

一方で、
クラシックピアノをやったことがない人が
ジャズピアノをマスターしようとすると
案外すんなり弾けてしまいます。

 

 

 

ですから、
もしあなたが、
子供の頃のピアノが中途半端だと
思っているとしたら、
その記憶こそが、ジャズピアノを
弾けなくしている可能性があります。

 

 

幼少期のクラシックピアノのスキルは
全く関係ありません。

 

 

ジャズピアノをもしやるとしたら、
良い意味で完全にゼロスタートとして
ジャズピアノを弾くための
やり方を学ぶようにしてくださいね!

 

 

クラシックとジャズの
頭の使い方の違いが
分からないという方は、
こちらにまとめていますので、
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。