ジャズ理論を感覚に変える作業をしていますか?

分かったつもりの人が殆どです

 

楽器が弾けるようになるのに
最も大事な事は、
体で腑に落とせているかです。

 

 

例えば、
たくさんの情報が
ネット、メルマガ、ブログで
公開されていますが、
読んで終わる方は本当に多いです。

 

 

私も、
ブログ、メルマガで弾けるようになるコツを
定期的に発信していますが、
忠実に書いてあることを実践する人は
殆どいないようです。

 

 

例えば、
12キーで練習するという話。

 

 

これも、
分かっているけどやっていない、
と言われる方をたくさん見てきました。

 

 

12キー弾くことのメリットは
今までにもお伝えしましたが、
本当にこれが大事!
と体に教える必要があります。

 

 

こちらの動画をご覧下さい。

Old Folks

 

 

バラードこそ、
知識を感覚に変えて腑に落とさないと
弾けないということを
私は身を持って体験しました。

 

 

 

どういうことかと言うと・・・

 

 

このスケールだから
コレを弾けばいい、
という曲分析上の理解だけでなく、
感覚的に、物理的なエネルギーに
変換して表現するということです。

 

 

 

映像的なイメージ、
音や感触による体の感覚、
感情表現、
このような感覚をあえて言うなら、
スケール、コード、ナンバリング・・・
のように音楽用語で
言っているだけなのです。

 

 

 

ということは、
ある程度の知識を知ったら、
極めて個人的な感覚に変換して
体で分かる必要があります。

 

 

12キーは体に教えるにはベストな練習

 

知識を感覚に変えて、
腑に落とすとどうなるのでしょうか?

 

 

それは、
瞬間的に反応出来るようになるので、
アドリブ、即興演奏に繋がります。

 

 

知識止まりですと、
瞬間的な反応が出来ません。

 

 

頭で考えているのと
体が反応するのでは、
処理スピードが違うからです。

 

 

では、
処理スピードを上げるためには、
どうしたらよいでしょうか?

 

 

それは、
12キーで練習することです。

 

 

やはり、12キーです!

 

 

ピアノの場合、
12キーで弾くと、
指の感触が全く違うので、
それだけでも体で分かることになります。

 

 

更に、
音の響き、流れを本当に理解するには、
12種類の音の並びで試すとよく分かります。

 

 

個人レッスンでは、
ゼロベースの方に、
オルタードスケールを理解してもらうために、
12キーで私とコール&レスポンスを
するくらいです。

 

 

ここまでやって、

よく分かりました!

 

とみなさん仰います。

 

 

 

黒本では♭キーが多いですが、
全体像の話から見ても、
12キー弾くのは必須です。

 

 

文字情報だけで分かったつもりではなく、
実際に鍵盤上で音を鳴らして、
腑に落とすことを大事にして下さいね。

 

 

 

鍵盤上で確認することの大切さは、
こちらにもまとめています。

宜しければご覧下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。