自分でジャズピアノのアドリブを作れますか?

最低限の知識があれば弾けます

今日は今年最後の
投稿となりますので、
今年を振り返ることと、
来年どうするかを考える
内容にしようと思います。

 

今年、1年間、
あなたはジャズピアノに関して、
どのような学びがありましたか?

 

どのような練習や活動に
取り組んできましたか?

 

今年の私は、
人に教えるということを通して
多くのことを学びました。

 

その学びの中で、
みなさんに、
お伝えしたいことが
一つだけあります。

 

それは、
ジャズピアノを弾くためには、
最低限の知識を正しく理解すれば
誰でも弾けるということです。

 

「最低限」というのが
ポイントです!

 

では、最低限ってどこまでなの?
ということですよね。

 

考え方はピアノも単音楽器も同じ

 

それは、
単音楽器がやっていることと
ピアノがやることに
違いがないと、
理解出来た時です。

 

なぜなら、
ピアノも単音楽器にもなれる
わけだからです。

 

この考え方に気付かないと、
ピアノという役割が
活かせないまま
終わってしまうのですね。

 

もちろん、
単音楽器とピアノが
実際やることや
求められる役割は違います。

 

ですが、
知識を正しく理解すると、
単音楽器と同様、
やることは
シンプルなものであると
気付けるのです。

 

 

私のレッスンは、
非常に地味な事を
やります。(笑)

 

なぜなら、
最も大事なことは
シンプルかつ地味なこと
だからです。

 

シンプルかつ地味なことを
理解したら、何通りでも
カッコいいフレーズだって
弾けます!

 

わざわざ、
人の作ったフレーズを
覚えるような
面倒なことは必要ありません。

 

人の作ったものを
覚えたとしても、
自分で作った感じがしないので、
そのフレーズが
弾けたとしても
満足度が低いのです。

 

 

そうです。

 

 

アドリブは自己表現なので、
「自分で作った感」が
あるかないかが重要なのです。

 

 

来年こそは、
人のコピーを止めて、
フレーズ集も止める!

 

そう決意した方は、是非、
今までやってきたことを
一度手放すことを
されてはいかがでしょうか?

 

きっと、1年後は、
想像を超える演奏ができる
自分になっていると
思いますよ。

 

来年に向けて、早速、
新しいアドリブマスター方法を
知りたい方は、
こちらをご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。