ジャズピアノの先生に質問しても的を得た答えが返ってこない理由

共通している習い手の悩み

今日は、ちょっと違った角度から

お話をしようと思います。

 

いろいろな方から、

ジャズピアノの悩みを聞いていると、

いくつか共通して同じことを

言っていることがあります。

 

最近、その中でも特に多いのが、

習っている先生に質問しても、

まともな答えが返ってこない、

というものです。

 

まともな答えというのは、

もちろん、その人によって、

イメージが違うと思います。

 

深くお聞きすると、

どうしたらアドリブが出来るか

という明確なやり方を、

言葉で教えてもらえない、

というものでした。

 

なるほど。

そうなんですよね!

 

体系化して教えてもらう必要がある

 

私も、アドリブが弾けなかった時

どんな練習をしているのか、

弾けている人の頭の中は、

一体どうなっているのか?

こんな摩訶不思議な空気に

包まれていました。

 

 

だから、言葉ではっきりと

やり方を教えてくれる人が

欲しいのですよね!

 

 

しかし、残念ながら、

やり方を分かりやすく教えて

くれる人が、このジャズ界には

あまりいないのが現実です。

 

 

なぜなら、教えている先生も

自分がどうして弾けているのか、

本当はよく分かっていないから

なのです。(笑)

 

 

冗談ではないですよ。

 

 

実は、

それくらいジャズピアノが

なぜ弾けるのか、というのは

しっかりと、体系化して

アドリブが出来るようになる

ステップを作り込む必要が

あるのです。

 

 

まともに質問の答えが返ってこない

先生は、そこまで体系化していない

からなのです。

 

 

事情はいろいろあります。

 

・演奏活動で忙しいから

・実際にどうやってマスターしたか

忘れてしまったから

・教える気がそもそもないから

・言語化能力が少ないから

 

 

ですから、ジャズピアノは、

感覚だけでは到底弾けないのです。

 

では、感覚から脱却するには・・・

 

やはり、

ジャズピアノの構造を把握するに

尽きます!

 

ここをしっかり言語化して

教えてもらい、自分の中で

構造のイメージが出来れば、

あとは練習メニューをこなす

のみです。

 

たったこれだけのことなのに、

構造の部分を、

言語化してもらっていないばかりに、

何年もアドリブが弾けず、

セッションに参加できない方が

沢山いらっしゃるのです。

 

 

何年も悩んだ人ほど、私の説明で

一気にカラクリが解けて

弾けるようになると思うので、

宜しければ、お声かけ下さいね。

 

アドリブ習得に必要な、
超基本的なことを簡単に
体系化したものが
こちらでも見れますよ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。