ジャズピアノをステップを踏んでマスターするとは?

行き当たりばったりのやり方では効果が出ない理由

 

私のレッスンでは、
体系的にステップを踏んで
ジャズピアノをマスターする
という形式をとっています。

 

殆どのレッスンでは、
その場で

 

あなたのご希望に沿った
レッスンをします!

 

というような
システムだと思います。

 

 

もちろん、
そのようなレッスンでも
いいのですが、
行き当たりばったりの
レッスンというのは実は、

 

 

指導者がよっぽど上手い
指導能力でないと
効果が出ないやり方なのです!

 

スイミングスクールのような進級制でやろう!

 

では、どんなレッスンだと
効果的なのかというと、

 

初めからゴール設定をして、
そこへ向けたステップを
シンプルに踏むだけ!

 

というものです。

 

 

イメージとしては、
子供の頃に通ったことが
ある方も多い、
スイミングスクールの
級ごとのレッスンですね。

 

 

今、私の子供が
スイミングスクールに
通っていますが、
正にこれを再現したものが、
私のレッスンです。

 

 

例えば、水に入るのが怖ければ、
水への恐怖心をとる必要があるので、
水に慣れる遊びをしますよね。

 

 

その次に、
顔を一瞬でも水に浸ける!

 

 

これが出来たら、
頭までザブンと水に潜る!

 

 

これが出来たら、
いよいよビート板を持って
バタ足!

 

 

ってな具合に、
少しづつ、クロールや背泳ぎ、
平泳ぎに近づいていきます。

 

 

ジャズピアノも
全く同じやり方が出来ちゃうんです!

 

 

但し、どの順番でやるか・・・
という組み立ては、
ジャズピアノの全容が
見えていないと
組み立てられません。

 

 

少しでも
ステップが抜けたり、
逆転していたり、
ズレたことをすると、
形にならないのです。

 

 

 

私がまだ、
アドリブが思うように弾けなかった時、
習ったレッスンは、
どれも断片的でした。

 

 

そんな経験があったので、
今の私は、
体系化してパッケージ化した
レッスンをしているのです!

 

 

そうすれば、
ゼロベースの人だって、
1年もあれば余裕で
リードシートのみで
両手で演奏出来ちゃいます。

 

 

世間では、
やり方なんて存在しない、
とにかく弾きなさい!
という現場主義に偏ったやり方が、
浸透していますが、
決してそんなことはありません。

 

 

ステップを踏んだ
ジャズピアノマスターの
コツをもう少し知りたい方は、
こちらを参考になさって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

性別
年齢
※携帯アドレスは届きにくいです。