ジャズピアノを始めて1年目の人と2年目の人がやることの違い

1年目はムダに行動する

 

私のレッスンには

 

 

全くピアノを弾いたことが無い方

 

ジャズピアノのマネ事程度で
コードに触ったことがある方

 

アドリブと書き譜の中間程度の
演奏をしている方

 

セッションには参加しているけど
アドリブに自信が無い方

 

 

これくらいステージの違う方が
受講されています。

 

 

 

 

今日お伝えしたいのは、
全くジャズピアノを弾いたことが無い
1年目と、
2年目以降の取り組み方の違いです。

 

 

 

1年目の方は、
手当たり次第
何でもやってみることです!

 

 

 

片手だけでも弾く。

書き譜でも弾く。

個人レッスンを受ける。

グループレッスンを受ける。

オンラインレッスンを受ける。

お店のセッションに参加見学。

CD、YouTubeを聞きまくる。

ライブに行きまくる。

参考書、譜面を買いまくる。

 

 

 

特に、ピアノを弾くことは
臆すること無く
やってほしいことです。

 

 

 

ここで、

上手くやってやろう、

正しくやろう、

正解を探そう、

カッコよくやろう、

ムダなことはしないようにしよう、

と思ってしまうと、
行動がストップします。

 

 

 

そうではなくて、
ムダに行動した方がいいのが
1年目です。

 

 

 

そうして、何て自分は

 

要領が悪く、
頭も悪く、
センスも無く、
何をしたらよいかも分からなくて
全く実らないのだろう!

 

と思いっきり落胆します。

 

 

 

これが、1年目でやることです。

 

 

2年目からは、手順、やり方、コードワーク、理論を研究しよう

 

そして、2年目からは、
手順、やり方を研究したり、
コードワークだったり、
理論の勉強に取り組むのが
ベストです。

 

 

 

でもこれは、
今だから分かる私の理想論で、
実際はこんなに
上手くいくものではありません。

 

 

 

上記の1年目に話したことを、
私は6年以上やっていました。

 

 

 

ムダの無い手順だったり、
分かりやすい理論だったり、
具体的にどんなコードワークを
やったら良いかが分かるのは、
8年目くらいで、
奇跡的に自分で作り上げました。

 

 

 

だから、
いつも私のレッスンを
受けて下さる方には、
5年は短縮されると思って
レッスンを提供しています。

 

 

 

もし、2年以上経っても
上記の1年目の内容を
やっている場合は、
2年目以降でやることを
始める必要があることに
気付いて下さい。

 

 

 

 

ここではざっくりお話しましたが、
7月18日(土)には
私と一緒に、
今の自分は何をやったらよいかを
振り返える時間を設けます。

 

 

 

ワークショップ関連の詳細は
メルマガでご案内していますので、
宜しければご利用なさって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。