ジャズピアノのソロに繋がる日々の練習方法

テンポを保つことが大事

 

 

最近の私は自宅でも可能な
ソロピアノを動画アップ
しています。

 

 

今は、外で弾く機会を
減らしているので
リラックスしすぎている
部分もあり、
適度な緊張感を持って
演奏しようという意識からです。

 

 

先日は
It could happen to youを
アップしました。

 

 

この曲は、
私にとって思い出深い曲です。

 

 

それは、今提供している、
私のジャズピアノメソッドに
ひらめきをもたらした先生に
初めて見てもらった曲
だからです!

 

 

当時の私は、
ヴォイシングが殆ど弾けずに、

 

ここはこう弾くのよ!

 

まだここにも
テンションが入れられるよ!

 

 

なんて、、、
最初の4小節を弾くだけでも
頭が破裂しそうな状態でした。(笑)

 

 

 

それが、
ようやくソロでYouTubeに
のせてもいいかな・・・
と思えるようになったので、
時間の流れを実感します。

 

 

 

で、
今日お伝えしたいことは、
ピアノの集大成である
ソロピアノにつながる
日々の練習方法です。

 

 

 

ソロピアノは集大成なので
ステップでは一番最後です。

 

 

ですが、
その手前で実は
コツコツやっておいた方が
良い事があります。

 

 

それは、
テンポを一定に保つことです。

 

 

普段のセッションでは、
ドラムやベースが
しっかりテンポを出してくれる
感じがありますよね。

 

 

しかし、
テンポはドラムやベースに
任せてはダメです。

 

 

あくまで、
プレイヤー全員が
テンポを感じる必要が
あります。

 

 

この力が、
ソロピアノの時に
発揮されます。

 

 

少ない音数で片手だけでアドリブしよう

 

実は、音の間違いよりも
テンポのブレの方が、
目立ちます!

 

 

これは、
先程話した私の恩師も
良く言っていました。

 

 

そこで、
テンポのブレを減らす方法で、
簡単な練習をお伝えします。

 

 

4小節でひとくくりを感じながら、
片手だけで少ない音数で
アドリブをすること。

 

 

これが本質を突いた、
パワフルな練習です!

 

 

 

実は、個人レッスンでは
この弾き方で私と
コール&レスポンスを
やっています。^^

 

 

一人でやると
リズムやメロディが
マンネリしますが、
自分より経験値のある人とやると
自然とアドリブ力が付いてきます。

 

 

半年、1年もやろうものなら、
上達するのは
当たり前なのですね。

 

 

ちなみに、
来月で1年コースが終了予定の
ゼロベース受講生さんは、
今では、
すっかりリードシートだけで
アドリブが出来るように
なっています!

 

 

ソロピアノを目指す上級者も
ジャズピアノを始めたばかりの方も、
この方法は有効ですから、
是非、日頃の練習に取り入れて
みて下さいね。

 

 

 

どんなスケールで弾けば良いのか
もっと知りたい方のために、
詳細はこちらにまとめています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。