ジャズピアノ練習のモチベーションが上がりません

練習という言葉のイメージに支配される

 

 

私がよく頂くご相談であるのが、
練習のモチベーションが
上がらないというもの。

 

 

これに関してお悩みの方は
多いかもしれません。

 

 

練習という言葉、
みなさんはどういう意味を
持っていますか?

 

 

実は、
人は言葉のイメージに
とっても支配されます。

 

 

練習という言葉に、
イヤなイメージがあるなら、
そのイメージはいつの
思い出でしょうか?

 

 

どんな映像、感覚が
呼び起こされますか?

 

 

そのイメージこそが
あなたが練習をしたくないと
思わせる原因です。

 

 

私の場合、
ピアノの練習に関して、
一般的なイメージや意味に
定義していません。

 

 

私にとっての練習は、
創作活動という意味です。

 

 

練習の時から作品作りが始まっている

 

実は以前から私は、
疑問に思うことがありました。

 

 

家を建てたり、
絵を描いたり、
洋服を作ったりするのに、
いろいろなことを学んだり、
毎日アトリエに籠もって
一筆一筆を重ねていったり、
デザインが日々足されたり。

 

 

このような、
いわゆる「ものづくり」には、
日々の工程が公認されています。

 

 

それなのに、
楽器演奏となると
見えるステージでの
演奏ばかり目について、
なぜか「練習」という工程は、
イヤなもの扱いされています。

 

 

私が、いろいろな方に、
こうすると
もっと良い演奏になりますよ、
とお伝えすると

これ、かなり練習しますよね・・・

と答えが返ってくることも
しばしばあります。

 

 

かなり練習する、
という言葉に含めた意味に、

面倒だな

辛いな

大変だな

さっさと出来るようになりたいな

といった印象を
多くの人が含んでいるのです。

 

 

ちょっと待って!

 

 

あなたは、手軽に出来る
レンジでチンみたいな
ことがやりたいのですか?

 

 

練習の時から、
自分の作品作りは
既に始まっています。

 

 

時間をかけて
弾いては忘れ、弾いては忘れ・・・
そういえば最近馴染んできたな、
と熟成させるのが
普通ではないでしょうか。

 

 

人は簡単にできることなんて、
興味無いんです。

 

 

今更、
五十音のお勉強したいですか?

 

 

出来ないから、
その先の世界が見たくて
慣れないことだけど、
やってみよう!
という意欲が沸くものです。

 

 

だから、
練習かぁ・・・
となっているのであれば、
楽器演奏に求めているもので、
何かズレている可能性があります。

 

 

練習という言葉に
良いイメージが無い方は、
もう一度、
ジャズピアノとの関係性を
見直しましょうね。

 

 

ジャズピアノが弾けるようになるためには、
スキルアップとメンタル管理が必要です。

弾けない理由を探る心理編も
こちらにはまとめています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。