ジャズピアノのアドリブ練習は音域を狭くして弾こう

音数を減らして音域を狭めよう

 

私のレッスンを受けていらっしゃる
1年コースの方はみなさん、
両手でアドリブをすることに
慣れていません。

 

 

ですから、
負担にならないように、
少しずつ両手で弾けるように
進めていくのがポイントです。

 

 

多くの人が、
いきなり難しいことに
挑戦して苦しくなる・・・
というパターンを繰り返しています。

 

 

私から見ると、
もう上級者レベルのことを
やっているの?!
なんて思うことも多いです。

 

 

そこで、
アドリブ練習に必要な
初心者の人が心がけると良い
ポイントを1つ
動画でお話しました。

 

 

 

初心者にとって
基本となるアドリブ練習とは

3分14秒

 

 

ここでもお話しましたが、
先ずは音数を減らすことが
一番大事です。

 

 

アドリブに慣れていないうちに、
スケールの音全てを使おうとすると、
まとまりの無い、
トンチンカンなメロディに
聞こえてしまいます。

 

 

特にピアノの場合、
鍵盤が見えているために、
とにかく音を鳴らさなきゃ・・・
といった焦りの元で、
アドリブしてしまいがちです。

 

 

また、
音数が増えるというのは、
メロディが詰まるだけでなく、
音域も広がりやすいです。

 

 

実は、音域が広がるほど、
ピアノは難易度が上がります。

 

 

ソロピアノが難しいのは
そのためです。

 

 

ですから、
初めから音数を絞って、
音域を狭めてアドリブすることが
大事です。

 

 

スケールの音を全て使うよりも少ない音数で12キーで弾こう

 

 

アドリブに慣れていないうちは、
片手の5本指で間に合う程度で
ちょうど良いです。

 

 

指くぐりが出てくると、
難しくなります。

 

 

更に大事な事は、
一つのキーで
スケールの音を全て使うよりも、
少ない音数で12キー弾けることの方が、
大事です。

 

 

やってみる分かりますが、
こちらの方が、
早くアドリブが上達します。

 

 

相対音感が身につくのと、
鍵盤を指に馴染ませて
鍵盤と仲良くなるというのが、
ジャズピアノに必要な
能力だからです。

 

 

転調も激しいジャズですから、
キーが急に変わっても
音痴にならないような
感覚が必要です。

 

 

片手の5本指でしたら、
プロもアマも初心者も
メロディの内容には
大差がありません。

 

 

ですから、
まずは音域を狭くして、
自由に指を動かすことから
始めてみて下さいね。

 

 

更にジャズピアノをマスターするための
コツを知りたい方は
こちらをご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。