ジャズピアノが今よりも上手くなりたい人が今すぐやること

自分の演奏音源を聴いていますか

 

今よりももっと
上手くなりたいと思ったら
何をしたらよいか
みなさんは分かりますか?

 

 

いろいろな答えがあるかと思いますが、
私がお伝えするなら、

自分の演奏音源をしっかり聴くこと

です。

 

 

外で演奏するときも、
家で演奏するときも、
自分の演奏を録音して、
後から聴き直すことです。

 

 

そして、
自分の音源を聴いて
ぶっちゃけどう思うでしょうか?

 

 

その思いが超重要なのです。

 

 

ダサイ演奏だわ!
全然ノレてない!
フレージングがダメ!
~さんとは大違い!

 

 

なんて思いが出てきますか?

 

 

ネガティブ系の感想を書きましたが、
自分の演奏を、
あなたは正直どう思うでしょうか?

 

 

自分の演奏に対して、
本音でどう思うのかが
実感できるから、
次に何をしようか
自然と意欲が沸いてくるのです!

 

とことん落ち込まないと次に進めない

 

自分の演奏を聴き直すのって、
イヤだな・・・
と思う方は多いかもしれません。

 

 

でも、これは本当に重要です。

 

 

聴いた自分の音源は
今の自分の実力です。

 

 

その姿に対して、
落ち込むなら、とことん
落ち込まないと
次には進めないのです。

 

 

自分の演奏下手だな・・・
となんとなく
向き合うような
向き合わないような状態では
残念ながら次には進めません。

 

 

仮に向き合うことをしないと、
向き合わざるを得ないことが
起きてきます。

 

 

それが、
大失敗というものです。

 

 

例えば以前の私も
芸大出身のピアニストと比べて、
全力で自分の演奏を
自己否定したこともありました!

 

 

音大もジャズ研も知らない私が、
天下の芸大と比べるって
おいおいって感じですよね。(笑)

 

 

自分のありのままの姿、
その姿に対して本音でどう思うか、
ネガティブな感情を、
とことん味わうことが
上達するコツでもあるのです。

 

 

そこで初めて、
自分はどうしたいのか?が
分かってきます。

 

 

上手くなりたいと思ったら、
自分の演奏を聴いて、
どう思うか?
これが続く原動力でもあります。

 

 

今もそうですが、
私も辿った道なので、
同じような方がいらっしゃったら
陰ながら応援しています!

 

 

ジャズピアノの知識だけでなく、
どんな演奏活動をしていきたいか、
自分の方向性の見方もこちらに
書いています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。