両手で弾くことの弊害

いつのまにかコードが主体になっていませんか?

最近いろいろな方を見て、
ピアノならではの弊害を
実感しています。

 

 

その中で今日は、
両手で弾くことの弊害を
お話します。

 

 

ピアノの良いところは、
全ての役割が
一人で出来ることです。

 

 

コードもスケールも両手で弾き、
オールマイティーに対応すること。

 

 

これを目指して、
みなさん両手で弾けるように、
一生懸命練習するのですね。

 

 

もちろん、
コードもスケールも
両手で弾くことが
ピアノの役割なのですが、
全体像を把握しないで
両手で弾くとどうなるか。

 

 

ジャズピアノとしての
即興演奏から遠ざかる、
という問題が出てきます。

 

 

例えば、

 

弾けるけど先の見通しが立たない。

 

アドリブを自分の意志で
弾いた感じがしない。

 

コピーに頼ってしまう。

 

グループしない。

 

 

こんな感じになりやすいです。

 

 

ではなぜ、
両手で弾くことが、
ジャズピアノの即興演奏から
遠ざかるのか?

 

 

このことを
動画でも説明していますので
参考にして下さいね。

 

両手で弾くことの弊害

 

ピアノは単音楽器の延長として弾く

 

結論としては、
全体像の把握をしないで、
両手でひくと、
いつのまにかコード主体で
メロディを弾くことになるのが、
勘違いの要因です。

 

 

多くの人は、
メロディに対して、
コードが付いている感覚が
ありません。

 

 

コードにメロディが
付いているという感覚になっています。

 

 

作曲では、
コード進行からメロディを
作ることもありますが、
ジャズピアノで即興演奏をするという
目的であれば、

メロディにコードが付いている
という感覚や理解が必要です。

 

 

知識上で理解するのではなく、
体でもって分かることが必要です。

 

 

そのために先ずは、
片手のスケールのみで
自由にアドリブをすることです。

 

 

それが、
散々飽きる程やって、
もう余裕過ぎて吐きそうです・・・
という状態になって初めて、

じゃあ、コードも付けますか!

という段階にシフトするのです。

 

 

これが分からないで、
ピアノは両手で弾くもの・・・
という常識の枠組みの中でやると、
ジャズピアノの実態が把握できず、
本質を理解することもなく、
単なる丸暗記になります。

 

 

結果、
何年かかっても弾ける感覚が持てない、
ジャズピアノ難民が続出しています。

 

 

ここの説明は、
最も大事な全体像の把握に
関することです。

 

 

ここまでの説明を聞いても、
よく分からない方は、
個人的なアドバイスによって、
よく分かると思います。

 

 

両手で弾く弊害を理解して、
もっとジャズピアノの実態を整理したい方は、
こちらも参考になさって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

 

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。