バラードはゆっくりだから弾きやすい?!

バラードは一番最後にマスターすればよい

 

みなさんはバラードを
演奏したことはありますか?

 

 

私は、バラードに関しては、
とても苦労しました。。。

 

 

最初にお伝えしますが、
バラードは一番最後にやればよい
ジャンルです。

 

 

なぜ最後でよいのか、
ということも含めて
バラードが気になる方へ
弾き方のコツをお伝えします。

 

 

参考までに、
私が仲間とのセッション会で
演奏したバラード
My one and only love を
載せておきますね。

 

先ずは4ビートでスウィングを体得しよう

 

まず、バラードが一番最後で良い、
と言う理由。

 

 

それは、
グループが難しいからです。

 

 

4beatであれば、
グループが分かりやすい、
感じやすいので、
歌い易いのです。

 

 

それに対して、
バラードは
ゆっくりであるからこそ、
グループが掴みにくく、
歌いずらいという理由があります。

 

 

ですから、
ジャズ初心者の方は、
まずは4beatでスウィングとは何なのか、
体感でマスターする必要があります。

 

 

よく、
バラードはゆっくりだから
弾きやすいのでは?
と言われる方がいますが、
それは勘違いしていることが
多いです。

 

 

特にクラシックピアノの延長で
ジャズバラードをとらえてしまうと、
ジャズっぽくない演奏に
なってしまいます。

 

 

私も生徒だった頃、
習っていた先生に、

 

君のバラードはジャズじゃない。

 

と言われたことがありました。

 

 

今では明確に、
なぜ当時の私の演奏は、
ジャズに聴こえなかったのか、
それがよく分かります。

 

 

最低でも
グループを掴んだ上で、
自分が弾かなくても、
コード感に基づいたアドリブメロディが
頭の中で先行して
再現出来ている状態が必要です。

 

 

要は、弾かなくても
頭の中でアドリブが
出来ている状態です。

 

 

これは理屈ではなく、
音楽的なエネルギーレベルでの
解釈まで落とし込む必要があります。

 

 

ここから更に、
ベストなタイミングで
ベストな音を選び抜くのが、
バラードに必要なスキルです。

 

 

音の洗練力が問われます。

 

 

4beatの時は、
やたらめったら音を鳴らしていても、
グループでごまかせるのですが、
バラードはこれが使えません。。。

 

 

ですから、
一つ一つの音の特徴、
スケールの特徴が
コード感と共に十分分からないと、
メロディが洗練されず、
野暮ったい感じになります。

 

 

イメージできましたか?

 

 

バラードは、知識も実践も
本当に分かっていないと、
カッコ良くジャズらしくは
弾けません。

 

 

まずは、
4beatに乗せて歌う。

 

 

ナンバリングで
音の特徴を把握。

 

 

なぜこの音を使うのか、
このスケールを使うのかを
意図的にコントロールする。

 

 

このようなことを積み上げて、
最後は素敵なバラードを
完成させましょうね!

 

 

スウィングって何?
どうやって練習するの?
と思われた方はこちらを参考になさって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。