】ⅡⅤⅠで分散コードのアドリブ練習をしていませんか?

ⅡⅤⅠ練習の本当の目的を知っていますか?

 

アドリブ練習で
最もオーソドックスなものが
あります。

 

 

それは、ⅡⅤⅠを使っての
フレーズ作りです。

 

 

この練習は、
私のレッスンでも
課題を出します。

 

 

恐らく、
ある程度ジャズピアノを
弾いている方であれば、
この練習は経験済みですよね。

 

 

ですが、
この練習をしていても、
リードシートだけで
セッションに参加出来ない人が
かなりいらっしゃいます。

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

その答えは・・・

 

 

ⅡⅤⅠの練習をする本当の目的が
分かっていないからです!

 

分散コードは全体像の把握があってこそ

 

単純に、
ⅡⅤⅠで左手ヴォイシング、
右手スケールでアドリブをする。

 

 

これ自体は、
間違っていません。

 

 

私のレッスンの
受講相談をされる方も、
既にⅡⅤⅠ練習を
されていらっしゃいます。

 

 

ですが、本当にⅡⅤⅠ進行で
両手でアドリブが出来たら、
とっくにリードシートで
セッションに参加している
ハズなのですね。

 

 

ということは、
この練習をする目的と、
どこへ繋がるか応用への流れが
見えていないことが
根本原因なのです。

 

 

これを知らずに、
ⅡⅤⅠ練習をするとどうなるか・・・

 

 

単に、ⅡⅤⅠ進行上で
弾ける状態になります。

 

 

 

更によくある話。

 

ⅡⅤⅠの中で、
コードトーンを分散して
アドリブを作る練習。

 

 

コレ、
みなさんやっていませんか?

 

 

ピアノだからこそ
陥りがちなNG練習です!

 

 

ⅡⅤⅠが出てくると、
いきなりコードトーン分散を
やってしまうのですが、
アドリブに繋がらないことが
多いです。。。

 

 

単に、コードトーンが
把握できて終わります。

 

 

というわけで、
ⅡⅤⅠ練習は、
本質を理解した上で、
曲に繋げていかないと
意味がありません。

 

 

そうでないと、
時間をかけた割には、
実践が伴わない状態が
続いてしまいます。

 

 

特に、ピアノの場合は、
コードが出せるという特権が、
勘違いの元になりやすく、
先に繋がりずらくなります。

 

 

ここが、
全体像の把握と絡んできます。

 

 

私のレッスンでも
ⅡⅤⅠ進行の練習は課題で
出します。

 

 

でも、
なぜこの練習が必要なのか?

ここをしっかり説明して、
納得した上でやるので、
レッスンを受けているみなさんは、
リードシートだけで
弾けるようになるのですね。

 

 

やみくもなコードワークは、
結果に繋がりません。

 

 

しっかり、
頭の中を整理した上で
実践をしましょうね!

 

ⅡⅤⅠは大分やったけど、
リードシートだけの演奏に
繋がらない・・・という方は、
是非こちらを参考になさってくださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。