あなたは既にアドリブが出来ている!

アドリブのデータは既に蓄積済み

 

いきなりですが、
こちらを読んでいるみなさん、

 

実は既にあなたはアドリブが出来ています!

 

 

え?!なぜ・・・

 

ジャズピアノ殆ど習ったことないよ。

 

ジャズピアノは
何度も挫折して復活しての繰り返しで
セッションにも参加したことないよ。

 

スケールやヴォイシングは
なかなか覚えられなくて
アドリブなんて出来ないよ。

 

 

こんな風に思っていらっしゃるかもしれません。

 

でもですね。。。

 

私のお試しレッスンでアドリブ体験をすると、
今までアドリブが出来ない人なんて、
一人もいなかったんです。

 

 

信じられないかもしれませんが、
実は、アドリブが出来ない人なんていないんです。

 

 

正確に言うと、
アドリブが出来ていないと思い込んでいる人が
多いということです。

 

 

日本にいれば、
義務教育で音楽の授業はありますし、
産まれた時から何かしらの音楽を
聴いたり歌ったりしていますよね。

 

 

そういう経験があるので、
なんだかんだと言って、
アドリブのもとになるデータは
既にみなさん持っていらっしゃるんですよ。

 

 

うっそーーーと思っている方は、
Fly me to the moon という
ジャズスタンダードの曲を黒本キーで
聴いてみて下さい。

 

 

そして、
ドレミの3音で何か弾いてみて下さい。

 

 

それがまさしく、アドリブです!

 

 

自分ではどんな条件なら出来るか知らない人が多い

 

でもね、、、

 

自分はFly me to the moon なら、
ドレミの3音でアドリブできる、
ってことに気付けますか??

 

 

これこそが、
ちょっとした知識と知恵になるんです。

 

 

すでにアドリブはみなさん出来るのですが、
どんな状況でどのくらいのことなら
自分はできるか分からない人が多いです。

 

これってもったいないですよね。

 

今の自分で出来ることは何か、
ここが腕の見せ所なのですね。

 

キーCのドレミ3音なら出来るから、
次はキーを変えての3音でやろう!

 

 

ドレミ系は出来るから、次はオルタードを使って、
よりジャズらしいサウンドにしてみよう!

 

 

せっかくのピアノだから
コードも出して両手で弾けるようにしよう!

 

 

こんな風に段階を踏んでいくのが
自然なやり方なんです。

 

 

レッスンで見ていても、
段階を踏んで進めることが、
意外とみなさん出来ていません。

 

 

次のステップのハードルが高すぎる!

 

 

そして、
段階をどう踏んでいけばいいというのかが分かるのも
毎度の事、
全体像が把握できているかどうかってことです。

 

 

実にシンプルです。

 

 

全体像を把握した上で、
今の自分で出来ることでセッションに参加する!

 

 

これが最短でジャズピアノが上達するコツですよ。

 

こんな風に、大きな枠組みが理解出来ないと、
細かいスケールやヴォイシングの話も
理解できないってご存知ですか?

まずは大枠を捉えて、
ジャズピアノは何をやったら上達するかを知りたい方は、
こちらをご覧になって下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。