出来ない弾けない状態がもたらす価値とは

弾けないことは悪いことだと思っていませんか?

 

夏も本格化して、
みなさん、
暑さにバテていませんか?

 

 

季節によって
何かのやる気が上がったり
下がったりというのは、
よくある話です。

 

 

でも、本当は
外には原因はないんですよ。

 

 

今日は、暑さが増して、
より一層、やる気が失せて、
弾けないと感じている人へ
お届けしようと思います。(笑)

 

 

今回は動画でもお伝えしています。

弾けない、出来ないもどかしさに価値がある
6分53秒

https://youtu.be/ympp4Ayo1Y4

 

 

 

なかなかうまくならないと
モヤモヤを感じている

 

本を読んでもいまいちよく分からない・・・

 

ジャズピアノってどうも難しい・・・

 

何から手をつけたらよいか分からない・・・

 

 

この状態、
実はとっても人間の成長にとって
大事な状態です。

 

 

なぜなら、
弾けない、出来ない、分からない、
というような
混乱状態というのがないと、
人は成長をしないからです!

 

 

これは、
脳科学でも言われていることです。

 

 

逆に言うと、
混乱状態を避けて
成長をすることはあり得ないです。

 

 

もし、混乱状態にならずに
成長したような経験があるとしたら、
それは、
その人にとってそんなに大きな
成長ではありません。

 

 

 

本当の成長、進化は、
大混乱のあとに
ドカっとやってきます。

 

 

ですから、
混乱していて大変!!
なんて思っているのであれば、
間違いなく、
ステージアップされた
自分がすぐそこにいると
言えるのですね。

 

混乱状態の後はステージアップが待っている

 

私も過去に何度も
大混乱に巻き込まれました。(汗)

 

 

例えば、

 

ジャズピアノが
弾けるようになったこと。

 

生徒さんにベストなレッスンを
届けられるようになったこと。

 

 

両方とも今に至るまで、
ハプニングやら混乱やらで
大変な状況がありました。

 

 

でも、
この混乱の先に待っているものは、
ノーベル賞モノの気付きと進化です!

 

 

私の場合、幼いころから、
クラシックピアノ、
吹奏楽部でホルン、
大人になってウクレレ、
ジャズピアノと
いろいろな楽器やジャンルの
音楽をやってきました。

 

 

 

その中で、一番苦労したのが、
ジャズピアノです。(笑)

 

 

 

一番苦労して、
一番混乱状態に陥ったジャズピアノが
一番成功していると
今では思っています。

 

 

 

こんな大ドンデン返しが待っているのに、
残念なことに、
それを待たずして、
止めてしまったり、
自分のモチベーションを下げるような
自分イジメに走ってしまう人は多いです。

 

 

あと少しで結果が出る直前で
止めてしまう事態に・・・

 

 

この上手くいかない混乱状態を
人間のメカニズムとして知っている
だけでも活かし方が変わってきます。

 

 

どう混乱を解釈して活かすのか、
これが人間の成長や進化の
醍醐味だと私は思っています。

 

 

 

混乱の重要性を
動画でもお伝えしていますので、
宜しければご覧になって下さいね。

 

弾けない、出来ないもどかしさに価値がある
6分53秒

https://youtu.be/ympp4Ayo1Y4

 

 

混乱解消のヒントとして、
ジャズピアノ最短で弾くステップを
こちらの無料メール講座にまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。