ジャズの先生って何でみんな同じなの?

どのレッスンも曲を使ったレッスンばかり

 

こちらを読んでいらっしゃる
半数くらいの方は、
恐らく既に先生に習っているかと思います。

 

 

私も以前は、
数人の先生に習っていました。

 

 

今思えば、
どの先生もプロとしてのスキルが高く、
素晴らしい先生だったと思います。

 

 

ただ、一つ残念だったのは、
一人の先生が体系的に教えることを
されていなかったことです。

 

 

 

例えば、
先生の書いたアドリブを
そのまま弾くだけのレッスン。

 

 

 

唐突に出てきた、
ジャズアレンジの仕方を
教えてくれるレッスン。

 

 

 

曲だけをとにかく弾く、
実技メインのレッスン。

 

 

どのレッスンを受けても、
納得してアドリブが弾ける感じが
持てませんでした。

 

 

 

今思えば、その理由は分かります。

 

 

 

それは、
全体の流れを把握しないで、
断片的なスキルを
マスターしていたからです!

 

 

 

つまり、
一人の先生が体系的にジャズピアノが
弾けるように教えることを
していなかったのです。

 

 

なぜ体系的なレッスンが殆どないのか

 

体系的に、、、
というのが本当に大事です。

 

 

ですが、
教える側となって分かるのは
体系的に教えるのは、
結構な手間が要るということです。(笑)

 

 

なぜなら、
どうして自分がジャズピアノが
弾けるようになったのかを、
事細かく思い出して分析整理して、
最短で弾けるようになる
ステップを作る必要があるからです。

 

 

ジャズミュージシャンは、
演奏活動が主体の方が多いので、
体系的にレッスンをするというのは、
忙しくて出来ないというのが現状です。

 

 

 

だからどうしても、
プレイヤーにとって楽な、
ピンポイントでやりやすい曲のレッスンだったり、
過去に自分が経験した練習方法で、
単に思い出しやすいことを
レッスンでやっているというわけです。

 

 

フレーズ研究、
とにかくセッションに参加して場数を踏む、
いろいろな人の演奏聴く。

 

 

 

こういうアドバイスは
一度は聞いたことがあるかと思いますが、
単にその人が思い出しやすいことだから
言っているだけだったりします。

 

 

 

そのやり方自体は
どれも間違ってはいませんが、

 

今の自分にそのやり方が本当にベストなのか?

 

そのやり方は全体を通してどこに繋がる練習なのか?

 

 

ここまで分かっていないと、
残念ながら、殆ど結果となりません。

 

 

 

私のレッスンは、
体系化しているため、
その順番通りに話を進めると、
この人はそもそもどこがズレているか、
何をすっ飛ばしているのか、
何を今やらなくてはいけないのか、
このようなことがチェック機能形式で、
すぐに分かります。

 

 

 

もし、断片的な曲だけのレッスンだと、
その曲はたまたま弾けただけとなって、
本当は穴だらけの知識とスキルだった、
ということが分かりません。

 

 

即興演奏が出来るジャズピアノを
せっかくやるのなら、
1曲出来ることではなく、
どんな曲もその場でパッと出来る、
そんな対応力を目指したいと思いませんか?

 

 

実は、
個人レッスンとは違った形式で
今のやり方で良いのか?を
的確に見極めるサポート企画を
考えています。

 

 

 

既に先生に習っているんだけど、
その先生に質問しても
イマイチな回答しか返ってこない。

 

 

 

こっそり、セカンドオピニオンを受けて、
ジャズピアノの実態を把握して、
具体的なやり方やステップで進めたい。

 

 

 

そんな風にチラっとでも思う方は、
是非楽しみにしていてくださいね。

 

 

それ気になる!!という方は、
メッセージを下さると
私も参考になって嬉しいです。

 

 

体系的なジャズピアノマスターは
こちらにもまとめています。
宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。