イントロとエンディングの練習は一番最後でいい

イントロが出せなくて選曲しなかった話

 

今日はよくあるお悩みの一つである、
イントロエンディングが出来ない、
というご相談についてお話します。

 

 

ピアニストにとって、
イントロエンディングは、
大役を果たせる見せ場であったりします。

 

 

そのせいか、
セッションデビューして間もない人が、
イントロエンディングが出来ないことを
とても気にする傾向があるようです。

 

 

以前の私もそうでした。

 

 

特に、イントロが出せないから、
この曲はやめておこう・・・
なんて基準で選曲していました。

 

 

フロント楽器がいる場合は、
フロント主体で選曲するので、
その曲に対してのイントロが出せるか、
いつもドキドキ緊張していました。

 

 

また、トリオともなると、
エンディングを決めるのを忘れて、
あれれ・・・どうしよう??!!
なんてパニクることも
しょっちゅうありました。

 

 

 

もし、同じような体験をされた方が
いらっしゃったら、
落ち込まないでください。

 

 

 

イントロとエンディングは
ピアニストが
一番最後にマスターすれば良いこと!

 

 

 

そう定義して大丈夫です。

 

 

なぜなら、
イントロはソロピアノの領域になるため、
ピアノスキルの集大成と
なっているからです。

 

イントロよりも優先すべきこととは

 

こんなレベルの高いことを、
セッションデビューして
間もない人が完璧に出来るはずが
ありません。

 

 

もし、
イントロエンディングの両方を
自分主体で演奏する時は、
とりあえず2パターンくらい準備して、
セッションに参加すればよいです。

 

 

または、
セッションベテラン者にお願いをして
イントロを出してもらったり、
エンディングをエスコートしてもらえば
OKです。

 

 

それよりも、
イントロエンディングを気にする前に
やるべきことがあります。

 

 

それは、知らない曲がきても
確信を持ってリードシートで
アドリブできるかです。

 

 

ここが確信を持って出来ないうちに
イントロエンディングばかり
気にしてしまうのは、
やるべき順番を
間違えている可能性が高いのです。

 

 

そして、
やるべき順番を間違えているということは、
ピアニストにとって
何が大事で何が大事でないか、
ということを理解していないことにもなり、
つまりは、全体像の把握が出来ていないので、
効果的に上達しないともなるのです。

 

 

知らない曲がきても
確信を持ってリードシートで
アドリブが出来る頃には、
自然とイントロエンディングについても、
出来るようになっているものです。

 

 

それだけ、
ジャズピアノの実態を理解し、
全体像の把握も出来ているからです。

 

 

上辺だけのスキルアップではなく、
地に足の着いた確信度合いを上げる
演奏を目指すようにしてくださいね。

 

 

イントロエンディングよりも
先にやるべきことについて、
こちらの無料メール講座にまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。