音を鳴らすことがピアノの練習だと思っていませんか?

ジャズピアノは頭で考えることも練習のうち

 

ピアノの練習といえば、
指を沢山動かして、
沢山の音を鳴らすことだと
思っていませんか?

 

 

この考えに納得できる方は、
恐らく、
クラシックピアノ経験者かと
思います。

 

 

実は、ジャズピアノの場合、
指を沢山動かして
鍵盤を鳴らすことが、
ピアノの練習だとは
必ずしも言えません!

 

 

 

特に、ナンバリングが
脳に浸透していない初心者は、
音を鳴らす前に
鍵盤をじっと見て
考えるという時間が必要です。

 

 

頭脳プレーヤーがジャズピアニスト

 

結局、音を鳴らしたのは
ほんの20分程度だったのに、
ピアノに向かっている時間は、
2時間もあった・・・

 

 

もし、こんな経験をされたのであれば、
そのやり方は正しいです!

 

 

ジャズピアノの場合、
頭で考える時間が
かなりあるのです。

 

 

ジャズピアノを始めたばかりの頃、
ナンバリングに慣れていなくて、
コードだけを見てパッと弾けない
もどかしさに負けて、
音符表記に直して練習する方が
かなりいらっしゃいます。

 

 

その気持ち、
とってもよく分かります。

 

 

 

ですが、
音符表記に直すことを
いつまでも止めない限り、
アドリブに対応できる
ジャズ脳へシフトするのは
難しいと思ってください。

 

 

特に、初心者の方はです。

 

 

というか、
これこそがジャズの練習です!

 

 

ここを頭脳プレーとして
楽しみながら、
普段使わない脳ミソを使って、
ゲーム感覚でやっちゃうと、
面白くてハマっていきます。

 

 

決して、
これをやらなくては・・・
なんて義務感でやらないことです!

 

 

音を出していなくても、
最初は頭の整理にじっくり時間を
かけて下さいね。

 

 

音になるまで、
少々時間はかかりますが、
見えないところで、
頭の中は確実にジャズ脳へシフトして、
アドリブがスラスラ弾けるように
なりますよ。

 

音を鳴らす前段階の、
頭で考える重要性については
こちらの無料メール講座にまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。