メロディが先、コードが後!

ジャズピアノの鉄則とは

 

私はジャズピアノを始めて5年くらいは、
まともにアドリブが弾けた感覚が
持てませんでした。

 

 

セッションに参加して、
アドリブを弾くというコツは
なんとなく掴んではいきましたが、
確信をもったり、理解して弾くというには
程遠かったです。

 

 

それが、
あることに気付いてから、
一気にアドリブを含めて、
ジャズらしいジャズピアノを弾くことが
出来るようになりました。

 

 

そのあることとは、
ジャズピアノの全体像を把握することです。

 

 

全体像の話は、
こちらでも何度もお伝えしていますが、
今日はその中で大事なお話を一部お伝えします。

 

 

それは、
ジャズピアノの大・大・大鉄則!!

 

 

メロディが先、コードが後。

 

 

このことを理解できないと
本当の意味でジャズピアノは弾けません。

 

 

初心者が持つ疑問と弾き方

 

初心者あるあるのお話です。

 

先生!
メロディが下の方過ぎて、
コードが弾けないので、
この曲は弾きにくいです・・・

どうしたらよいですか?

 

 

こんな質問を受けることが良くあります。

 

 

みなさんも同じような経験が
あるかもしれませんね。

 

 

以前の私もそうでした。

 

 

こんなとき、
あなたならどうしますか??

 

 

メロディーを1オクターブ上げるか、
コードを省くといいよ。

 

 

なんてアドバイスがあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、
そのアドバイスは間違っていません。

 

 

しかし、
もっと大事な考え方を
あなたは知っていますか?

 

 

それは、
メロディが最初に存在して、
それに伴ってコードが付いてきた。

 

 

この考え方なのです!

 

 

よく、メロディーを弾いた後に、
左手のコードを、
ウ、タッター
のようなリズムで弾くことがありますよね。

 

 

あれは、
メロディーに対しての相槌であったり、
よりメロディーをリズミカルに着色
させる目的があります。

 

 

 

ということは、
メロディーがあくまで優先されて、
その後からコードが追いかけてきた、
この順番だと理解できるのです。

 

 

この話をすると、
確かにそう弾いているよ、、、
と思うかもしれません。

 

 

このことを本当に理解しているかどうかは、
次の話を聴けば分かります。

 

 

 

コードに合わせてメロディを弾いていませんか

 

右手のメロディーに対して、
左手のコードを後からリズムを付けて、
相槌のように打つ。

 

 

この奏法はよくあります。

 

 

確かに、メロディーが先に来て、
後からコードが追いかけていますね。

 

 

では、あなたの頭の中も
メロディが先にきて、
コードが後からついてくる順番に
なっているでしょうか?

 

 

 

もし、コードヴォイシングが、
これしか出来ないから、
その形に合わせて、メロディーを出している、
そういう感覚があるのであれば、

それは、
コードが先、メロディーが後
という逆の状態になっています。

 

 

 

つまり、
コードの都合でメロディを出している感覚、
これが、初心者若しくは、
いつまでたってもジャズピアノが弾けた感じがしない方の
頭の中なのです!

 

 

メロディが先、コードが後というのを
本当に分かっていながら、
自分のスキルの問題で、
仕方なくこのコードヴォイシングを出す、
という意識であるならば、
ジャズピアノの構造を理解していることになります。

 

 

本当は、
コードの都合でメロディを弾くのではなく、
メロディーの都合でコードが出せないといけないのに、
初心者の人は、スキルの都合上、
コードが優先されるような弾き方になっているわけです。

 

 

 

ここが、
全体像を把握しているかどうかの
ポイントになります。

 

 

 

もちろん、
この弾き方でも良いのですが、
よりピアノの良さを活かすのであれば、
メロディを活かすためのコード付けを
マスターすることをお勧めします。

 

 

 

これが出来るようになると、
メロディの音が厚みを持って豊かになり
音が空間一杯に拡散され、
気持ち良く演奏が出来ます。

 

 

 

ここまでの理解とスキルアップが
同時進行できると、
ピアノの良さが活かされて
ジャズピアノを弾いている感覚が持てますよ!

 

 

 

メロディが先、コードが後、の詳細は、
こちらの無料メール講座でまとめています。

宜しければご覧くださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/5b3i0

 

大貫 恵子

音大経験無し、ピアノブランク13年、30歳でコードを知る。

10年間で45人の講師に、音楽、心理学、脳科学を学んだことにより、教える技術、学ぶ技術を身に付ける。

初心者に、複雑な音楽理論を分かりやすく伝えることを得意とする。

10年以上、ピアノを弾かない、音楽も聴かない、音楽と疎遠な生活を送っていたところ、原因不明の体調不良を発症。

後に、人は本来の自分と違った姿をしていると、病気になるということが分かり、一生音楽と関わる人生を送ると決心する。

30代で、心理カウンセラーを目指していたが、ジャズピアノを教えて欲しいとの声を受け、1児の母をしながらレッスンを開始。

バークリーなど海外留学経験のある先生についても、音楽理論がさっぱり分からなかった人が、ジャズピアノの構造を理解し、どんな順番でどんな練習をすれば、最短で上達するのかが分かるようになったと、練習が続けられる人が続出する。

レッスンでは、初心者が陥りやすい心理的な壁も理解し、カウンセリングも併用。

相手の本質と真の問題を見抜き、ジャズピアノを弾く本当の目的を伝える。

音楽の問題はプライベートの問題にもつながることを見抜き、パートナーシップ、親子関係、転職、性格コンプレックスなど、プライベートの問題まで、同時に解決したと好評を得ている。